約束のネバーランド14巻無料はこちら|zipや漫画村より確実に約ネバを読む!

約束のネバーランド14巻を今すぐ無料で読みたい方はこちら

『約束のネバーランド』コミックス14巻(2019年6月4日発売)を無料で読む方法をご紹介!

記事の後半では『約束のネバーランド』コミックス14巻の収録話一覧(一部ネタバレ)や感想、さらに14巻の発売日情報もご紹介しています。

なお、『約束のネバーランド』コミックス14巻のサブタイトルは「邂逅」、ISBNは「978-4088818610」となっていますので、書店などで検索される際には参考にしてください。

約束のネバーランド14巻を今すぐ無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの最新刊もしくは、読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

漫画村・漫画タウン・zipは危険?

ご存知の方も多いと思いますが、マンガの単行本は検索をすると違法アップロードされたものを無料で読むことも出来てしまいます。

有名なのは漫画村や漫画タウンというサイトや、zip形式でのダウンロードサイトでしょう。

以前はこういったサイトを経由してウイルス感染することもありましたが、最近はウイルス対策ソフトが充実していることもあり、これらのサイトを利用してもウイルス感染のリスクなどは決して高くないでしょう。

ただ、可能性はゼロではないですし、なにより違法にアップロードされたものなので(漫画村は出版業界でも、かなり問題視されています)おすすめは出来ません。

一応、それぞれのサイトの検索結果へのリンクをご紹介しておきますが、ご利用は自己責任でお願いします!

漫画村はこちら

漫画タウンはこちら

zipダウンロードサイトはこちら

約束のネバーランド14巻の収録話一覧

『約束のネバーランド』14巻「邂逅」には116話〜124話までの全9話が収録されています。

  • 116話「檻への侵入1」
  • 117話「檻への侵入2」
  • 118話「対面」
  • 119話「邂逅」
  • 120話「形のない怪物」
  • 121話「よかったね」
  • 122話「本心」
  • 123話「大事な決断」
  • 124話「聞かせろよ」

約束のネバーランド14巻のネタバレと感想

以下、『約束のネバーランド』14巻「邂逅」収録話のネタバレと感想を抜粋してご紹介します。

約束のネバーランド116話「檻への侵入1」

ケガのせいで虫の息のクリスを救うため、ハヤトから提案されたのは「近所の農園に潜入して薬を奪う」こと。

背に腹を変えられない状況のエマ達は、ハヤトの案を受け入れ、迅速に行動しようとします。

ハヤトは、ここから西へ5㎞くらいの所にある量産農園には、物資を調達するために盗みに入ったことがあると言います。

薬の種類も多かったので、クリスを救う薬も有るのではないかと。

農園に盗みに入ったと聞いた仲間達は驚きますが、レイやオリバーは「成程」と納得します。

ミネルヴァさんは、自らや育てた子供達を使い農園を襲ったり盗みに入ったりで何百人のもの集団の生活を支える物資の確保に成功しているのだと。

今からなら日暮れにまで戻れるし、クリスも助けられる。

ハヤトの提案に行くべき、危ない、と悩む子供達の声が聞こえてきますが・・・

「私が行く。連れて行って」

エマは自らが名乗り出て、ハヤトに願い出ます。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド116話「檻への侵入1」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド117話「檻への侵入2」

レイとハヤトが囮になり、時間稼ぎをしてくれている中で薬品庫に辿り着いたエマとアンナ。

思った以上に広く、目当ての薬を探すのにも一苦労です。

あまりの多さに弱腰になるエマでしたが、アンナは次々と必要な薬を見つけていきます。

時間切れはすなわち死・・・

二人はかなり急ぎで捜しています。

ー一方のレイとハヤトー

「人間!!」

「人間!!」

「人間の侵入者だ-!!」

レイを追いかける鬼の職員。

レイは銃で応戦しながら、捕まらないように逃げている所でハヤトが合流してきました。

「何でお前・・・!?」

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド 117話「檻への侵入2」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 118話「対面」

森で待機するジンと仲間達の元へ、ザジを連れて戻った4人。

紙袋を被った大男・・・ザジのもつその異質な雰囲気に、皆最初は警戒しますが、ハヤトの尽力により打ち解けた模様です。

「クリスは?」

「大丈夫。まだ油断はできないけど脈も呼吸も落ち着いてきた。薬が効いたんだ」

クリスを治療しているサンディが、エマにそう答えます。

クリスの容体は落ち着いて、寝顔もだいぶ健やかなものに戻ってきていました。

その様子を見て、やっと表情を緩めるエマです。

アンナが選んだ薬もバッチリで、潜入作戦は何とか成功を収めました。

もう日も暮れているので、「明日の朝一番に出立する」ことにして、皆休むことになりました。

夜が明けて、皆ミネルヴァさんのアジトに向けて出発します。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド 118話「対面」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド119話「邂逅」

「ノーマン・・・・・・」

あの日、鬼に出荷されて食べられたはず。そう思っていたエマは泣きながら、「ノーマンなの?」と目の前のミネルヴァさんに確認します。

すると、ノーマンも頷き、エマの名を呼びました。

『何度夢に見ただろう。ノーマンが生きている世界』

『何度後悔しただろう。何度挫けそうになっただろう』

『私、頑張ったよ。諦めないで頑張ってこれたよ、ノーマン』

今までのことが鮮明にフラッシュバックしてきます。

エマは昔のままの泣き顔で、ノーマンに抱きつき、再開を喜び合いました。

「会いたかったずっと・・・無事でよかったエマ」

「嘘みたい・・・ノーマンが生きてる生きてる・・・!」

お化けとか、そっくりさんじゃないかと心配するエマでしたが、そこにいるノーマンは間違いなく本物のノーマンで。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド119話「邂逅」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド120話「形のない怪物」

「鬼とは何なのか」

「なぜ鬼は人間を食べるのか。食べなければならないのか」

ノーマンが話しておかねばならないことがある、と。食人鬼の核心について話し始めます。

ノーマンの問いに、皆そういう怪物なんじゃないの?と気にもとめていなかった。

「奴らはヒトを食べなければ、あの姿も形も保てない」

「形のない怪物なんだよ」

弟妹達の疑問に、ノーマンはそう返すのでした。

ノーマン曰く、「鬼」とは

最初の姿は誰も知らない。

恐らくは細菌に似た何かだったそう。

細菌は分裂によるコピーが多いが、そこから突然変異し、急速に進化していったのが「鬼」なんだと。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド120話「形のない怪物」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 121話「よかったね」

「鬼も大人になれない世界(ネバーランド)もラートリー家も、僕が全て終わらせる」
 
「もう逃げなくていい。鬼世界に全食用児の楽園を築こう」

ノーマンの言葉に、エマとレイ以外の弟妹や仲間達は歓喜します。

ここを鬼のいない世界にできるのならそれが生き残るのに確実な方法だと。

仮に無事人間の世界に逃げられたとしても、受け入れてくれるかのリスクもある。

鬼がいなかったら狩りも出荷されない、食べられず、怯えずに済む・・・

「けど、七つの壁は?」

鬼に追われない世界にするために今、七つの壁をめざしてきたのでは?と疑問を投げかける弟妹。

エマもハッとしますが、アレにはリスクもあるとドンが答えます。

「もし戦略的に鬼を無くす方法があるのなら、そりゃそっちの方が確実だ」

家族の頭脳でもあるレイからも、冷静にノーマンの方法を肯定します。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド121話「よかったね」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 122話「本心」

ノーマン扮するミネルヴァさんのアジトで、人生初寝坊をしてしまったエマ。

それだけ安心して寝起き出来たのはいつぶりか思い出せず、昨晩のはしゃぎすぎた自分を反省します。

ノーマンとレイ、エマの3人で眠ってしまった所で、ノーマンは一足早く立ち去っており、その時に起きたレイ、じっくり眠ってしまったエマはサックにベッドに運ばれたと言います。

その頃のノーマンは、自室に戻り、いつもの“ボス”の顔に戻っていました。

訪ねてきたヴィンセントは、いつものボスに戻っていてつまらん、と軽口を叩きます。

エマ達と再会した時のノーマンの姿は、ここの住人から見たら青天の霹靂だったようです。

「計画の修正だ」

ヴィンセントに向かって、ノーマンは告げます。

ハヤトからの報告『道中、量産農園に侵入したが警備が強化されていて侵入が露見した』件です。

その際に人間の姿を見られ、鬼達の間でGFの生き残りがいることも明らかになってしまったこともあるからです。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド122話「本心」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド123話「大事な決断」

「私、鬼を殺したくない」

「でも全食用児(なかま)は絶対食べられたくない」

「どうしようレイ、わたし、どうすればいいかわからない」

「俺にもわからん」

答えが見つからない本心を打ち明けたエマでしたが、あまりに拍子抜けするレイの返答でした。

ノーマンの話が本当なら、

“農園をブッ壊し”も“七つの壁”で約束を結び直しの路線も、どっちみち鬼は滅んでしまうので詰んでいる。

無理矢理人間の世界に逃げても、また追われたり戦争になってしまうリスクが大きい。

“鬼”にとって人間はその特性上必要不可欠な食料だった今、皆を救うにはノーマンの方法しかないと。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド123話「大事な決断」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド124話「聞かせろよ」

お茶を出されて、応接室のソファーに座らされたエマとレイ。

「俺はシスロ。そっちはバーバラ。そんであっちのインテリがヴィンセント」

シスロが3人の自己紹介をしますが、シスロもバーバラも、何だかとても眼光が威圧的で、エマもレイも困ってしまっていました。

激しくメンチ切られていて、ケンカを売られているのかと思いますが、彼らの子供じみた対抗心からくる行動でした。

俺達の方がすごい!農園潰してっかんな!と、図体に似合わずまるでお子様な態度です。

ヴィンセントだけは紳士的で、すまないが適当に肯定してやってくれ、とこの場を納めるようにお願いされます。

「いや!スゲーッすパネーッす。俺達にゃできねーっすさすがっす!」

ヴィンセントの意図を汲んだレイは無表情でおだてます。
嫌みにもとれない言葉で、エマは焦りますが、シスロもバーバラも満足した様子で、とりあえずその圧から解放されるエマとレイでした。

彼らの行動や、服から覗くマークで情報を得て、整理するレイ。

シスロもバーバラもノーマンと同じマークを持っているので、Λ7214出身で、農園を潰せる力を持つのだから、ザジやアダムのような”イレギュラー”だろう。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド124話「聞かせろよ」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド単行本の発売日一覧

以下に、『約束のネバーランド』単行本発売日を一覧にまとめましたので、今後のコミックス発売日予想の参考にどうぞ!

約束のネバーランド1巻「GFハウス」 2016年12月02日発売
約束のネバーランド2巻「コントロール」 2017年02月03日発売
約束のネバーランド3巻「ブチ壊せ!!」 2017年04月04日発売
約束のネバーランド4巻「生きたい」 2017年07月04日発売
約束のネバーランド5巻「脱出」 2017年09月04日発売
約束のネバーランド6巻「B06-32」 2017年11月02日発売
約束のネバーランド7巻「判断」 2018年01月04日発売
約束のネバーランド8巻「禁じられた遊び」 2018年04月04日発売
約束のネバーランド9巻「開戦」 2018年06月04日発売
約束のネバーランド10巻「リターンマッチ」 2018年08月03日発売
約束のネバーランド11巻「決着」 2018年11月02日発売
約束のネバーランド12巻「始まりの音」 2019年1月4日発売
約束のネバーランド13巻「楽園の王」 2019年3月4日発売
約束のネバーランド14巻「邂逅」 2019年6月4日発売
約束のネバーランド15巻 2019年8月2日頃発売予定

まとめ

『約束のネバーランド』コミックス14巻(2019年6月4日発売)を無料で読む方法をご紹介しました。

U-NEXTは31日間の無料期間終了後は有料となってしまいますので、サービスを継続する必要がないと感じた時は、解約をお忘れなく!

なお、当記事でご紹介している情報は2019年6月現在のものとなります。

最新の情報は公式サイトをご確認ください。