約束のネバーランド15巻無料はこちら|zipや漫画村より確実に約ネバを読む!

約束のネバーランド15巻を今すぐ無料で読みたい方はこちら

『約束のネバーランド』コミックス15巻(2019年8月2日発売)を無料で読む方法をご紹介!

記事の後半では『約束のネバーランド』コミックス15巻の収録話一覧(一部ネタバレ)や感想、さらに15巻の発売日情報もご紹介しています。

なお、『約束のネバーランド』コミックス15巻のサブタイトルは「“入口”へようこそ」、ISBNは「978-4-08-882017-0」となっていますので、書店などで検索される際には参考にしてください。

約束のネバーランド15巻を今すぐ無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの最新刊もしくは、読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

漫画村・漫画タウン・zipは危険?

ご存知の方も多いと思いますが、マンガの単行本は検索をすると違法アップロードされたものを無料で読むことも出来てしまいます。

有名なのは漫画村や漫画タウンというサイトや、zip形式でのダウンロードサイトでしょう。

以前はこういったサイトを経由してウイルス感染することもありましたが、最近はウイルス対策ソフトが充実していることもあり、これらのサイトを利用してもウイルス感染のリスクなどは決して高くないでしょう。

ただ、可能性はゼロではないですし、なにより違法にアップロードされたものなので(漫画村は出版業界でも、かなり問題視されています)おすすめは出来ません。

一応、それぞれのサイトの検索結果へのリンクをご紹介しておきますが、ご利用は自己責任でお願いします!

漫画村はこちら

漫画タウンはこちら

zipダウンロードサイトはこちら

約束のネバーランド15巻の収録話一覧

『約束のネバーランド』15巻「“入口”へようこそ」には125話〜133話までの全9話が収録されています。

  • 125話「噓吐きの同盟」
  • 126話「鼎談」
  • 127話「対立」
  • 128話「決めた」
  • 129話「背負うべきもの」
  • 130話「報告」
  • 131話「“入口”へようこそ」
  • 132話「誅伐」
  • 133話「あそぼ」

約束のネバーランド15巻のネタバレと感想

以下、『約束のネバーランド』15巻「“入口”へようこそ」収録話のネタバレと感想を抜粋してご紹介します。

約束のネバーランド125話「噓吐きの同盟」

ー同盟を結ぶ相手のアジトにて。ノーマン(w・ミネルヴァ)とザジー

フーッ。ハァハァッ。

同盟相手の鬼達の鼻息は荒く。目の前に現われたご馳走(ノーマン達)に理性を保つのもやっとです。

ザジはその殺気を感じ、刀に手をかけますが、ノーマンに刀を納めるように命じられます。

「すまないね。君があまりにも美味しそうだから」

「構いません。皆さんの食事の不自由は十分にお察ししています」

ノーマンはさしてきにしていないと相手に返します。

ここで自分たちを食べるより、同盟を結んだ方が何倍も有益だということもわかっているだろうと。

この同盟を結ぶことが人肉に困らない生活を手に入れる為の唯一の方法だと。

「-それで、卿はどちらに?」

ノーマンが問うと、奥から杖をついた位の高そうな鬼が現われます。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド125話「噓吐きの同盟」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド第126話「鼎談(ていだん)」

大ケガをしたドミニクは、皆の声援を受けながらリハビリ中です。
松葉杖をついた痛々しい姿ですが、前向きに頑張っています。

でも、クリスは未だに目覚めず。眠り続けているのでした。

心配そうにクリスの手を握り、付きそうエマに、彼女と共にいるレイ。

目覚めてもいいころなのに目覚めないクリスの様子に不安が募ります。

顔色も呼吸も問題なく、ヴィンセントの見立てだと脳の損傷もないのでじきに目覚めるだろうと、レイはエマを元気づけます。

「それよりもノーマンだ」

「昨日も帰ってこなかったね・・・」

早く話がしたいと思うエマ達です。

ノーマン不在時のバーバラやシスロ達との対面のことを思い出します。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド 第126話「鼎談(ていだん)」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 第127話「対立」

-700年前-

朽ち果てた村、飢餓にやられて今にも絶滅しそうな鬼の村。

ここの住人達はまともに人間の肉が食べられなくて2年はたっていた。

隣村は野良鬼に退化して全滅した。ここの彼らも時間の問題と思えた。

「大丈夫。もう大丈夫よ」

そんな時に現われた、救世主。

限りなくヒトに近い姿の、ムジカに似た姿、格好の鬼達が手をさしのべてきたのでした。

ー現在・ノーマンの部屋の3人ー

「”邪血の少女?”」

蒼白になり、立ち上がったノーマンに、エマは問いかけます。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド 第127話「対立」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド128話「決めた」

「断言する。鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はない」

ノーマンの考えに考えを重ねた最善はこの計画。
エマとの意見とは真っ向からぶつかります。

3者、それぞれ考えがめぐります。

エマもわかっていました。ノーマンの方法が最も安全で確実に全食用児を救える方法だと。

でも、心が拒絶する。

「ノーマンは正しい!でも、それは全部確率の正しさでしょ」

「確かに数字の上ではそれが一番正しいよ」

「でも・・・正しいって何?」

エマは懸命に反論します。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド128話「決めた」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド129話「背負うべきもの」

ーノーマンの自室ー

『何を言ってもムダだよ。決意(きもち)は変わらない』

『僕は間違えるわけにはいかないんだ。誰一人死なせないために』

かつて、ノーマンはそう決意し、エマやレイの制止を振り切り一人出荷される道を選んだ。

そんな彼らに再会し、また心配そうな目でノーマンを見ていた。

『レイ、エマ。僕は・・・』

両手を見つめるノーマン。でも、その考えを止め、サジを従えシスロ達を探すのでした。

暗い階段を降りた先、大きな扉をザジが開きます。

ギイイィイイ・・・

「よォ、ボス・・・」

「捜したよ・・・」

その扉の先に、シスロ、バーバラ、ヴィンセントはいました。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド129話「背負うべきもの」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 130話「報告」

「ごめん!私”七つの壁”に行ってくる!」

エマは家族達を集めて、少しだけ申し訳なさそうに、でも、晴れ晴れとした顔でそう告げるのでした。

勿論、皆なんで??という声が上がります。

ノーマンが上手くやってくれるのに。リスク少なく鬼を絶滅させられる方法があるのにと。

でも、エマは正直に「鬼を絶滅させるのは嫌だな」と思ったことを皆にいい、またええ~~~~~!!と言われてしまいます。

「”絶滅”、”根絶やし”。確かに確実で正しくはあるんだけど、実際に想像するとね。」

「悪い鬼ばっかりならまだしも。普通に暮らす町の鬼・・・子供とか赤ちゃんとかもいる」

七つの壁の手がかりを求めて、鬼の町に潜入してみてきた光景。

そこには鬼と言うだけで、普通の人間と変わらない生活の営みを送る鬼達も確かにいた。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド130話「報告」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド 131話「入口」

入口探しの時に見つけた、寺院の6枚の天井絵の通りに儀式を進めるエマとレイ。

金の水に、浮かべた月。

そして、「ヴィダ・・・」

2人同時に押し当てたナイフで、掌を薄く切り、自分たちの血液を月を浮かべた金の水に垂らします。

そして、血抜きの植物・・・ヴィダをその水に刺す・・・

「これでいけるの?」

「ああ。一度試した。これで行ける」

ドミニクの問いに、ドンは神妙な面持ちで見守りながらそう答えます。

あの6枚の天井絵は”昼と夜”への入口へ入る手順が示してありました。

試した通り、手順通りに進める儀式を、心配そうに見守るギルダや他の仲間達。

挿したヴィダが徐々に花開いていく・・・

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド131話「入口」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド132話「誅伐」

-鬼の王都、玉座の間-

「遠路ご苦労。此度陛下が其方等を集めたは、昨今の盗難騒動それに伴う自体収束のためである」

鈴のような錫杖をもち、女王の左右に控えた女官の鬼が、平服した五摂家の面々を労います。

「よい。面を上げよ」

女王レグラヴァリマの一声で、頭を上げる五摂家。

女王と五摂家の会談が始まります。

それは、人肉の”盗難”が見過ごせない状況になっていること。

下々の民に行き渡らず不満が爆発していること。

そのため、軍による制圧が必要ではないかと進言します。

特にノウム・バイヨンの領地の被害が大きいとドッザ卿はわざとらしく心配の声を上げます。

それがカンに触るのはノウム卿。こめかみに筋を浮かべて女当主は不機嫌なオーラを発します。

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド132話「誅伐」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド133話「あそぼ」

引き返せない「入口」扉を通ってきたはずのエマとレイ。

彼らの前に現れたのはGFハウスそのものでした。

GFハウスが現れた代わりに、「入口」の扉は消えていた。

『引き返せない』

そう悟ったふたりは先に進むべく、GFハウスの入口を開けるのでした。

覚悟を決めて開けたその扉の中は、懐かしいハウスそのものでした。

『・・・・・・・・・』

でも、何か違和感を感じるこの空間。

それは、音が無いことでした。

それに気がつくエマに、それだと同意するレイ。

「静かすぎる・・・」

「誰もいないのかな?」

↓詳細記事は以下のリンクから↓

約束のネバーランド133話「あそぼ」ネタバレと感想詳細はこちら

約束のネバーランド単行本の発売日一覧

以下に、『約束のネバーランド』単行本発売日を一覧にまとめましたので、今後のコミックス発売日予想の参考にどうぞ!

約束のネバーランド1巻「GFハウス」 2016年12月02日発売
約束のネバーランド2巻「コントロール」 2017年02月03日発売
約束のネバーランド3巻「ブチ壊せ!!」 2017年04月04日発売
約束のネバーランド4巻「生きたい」 2017年07月04日発売
約束のネバーランド5巻「脱出」 2017年09月04日発売
約束のネバーランド6巻「B06-32」 2017年11月02日発売
約束のネバーランド7巻「判断」 2018年01月04日発売
約束のネバーランド8巻「禁じられた遊び」 2018年04月04日発売
約束のネバーランド9巻「開戦」 2018年06月04日発売
約束のネバーランド10巻「リターンマッチ」 2018年08月03日発売
約束のネバーランド11巻「決着」 2018年11月02日発売
約束のネバーランド12巻「始まりの音」 2019年1月4日発売
約束のネバーランド13巻「楽園の王」 2019年3月4日発売
約束のネバーランド14巻「邂逅」 2019年6月4日発売
約束のネバーランド15巻「“入口”へようこそ」 2019年8月2日発売
約束のネバーランド16巻 2019年10月4日頃発売予定

まとめ

『約束のネバーランド』コミックス15巻(2019年8月2日発売)を無料で読む方法をご紹介しました。

U-NEXTは31日間の無料期間終了後は有料となってしまいますので、サービスを継続する必要がないと感じた時は、解約をお忘れなく!

なお、当記事でご紹介している情報は2019年8月現在のものとなります。

最新の情報は公式サイトをご確認ください。