約束のネバーランド112話ネタバレ考察と感想「追悼」(13巻収録)

約束のネバーランド第112話「追悼」(2018年11月19日発売の週刊少年ジャンプ51号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第111話「望まざる客」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド112話「追悼」ネタバレと伏線考察

「馬鹿め!」

「馬鹿め!!」

「生きているのは私だ!天は私の味方なのだ!!」

アハハハハハッ!と狂ったような高笑いを上げるのはアンドリューで。
今にもアリシアに突きつけた銃の引き金を引く、そんな所でしたが・・・

パン、パパン

先に発砲したのはオリバーでした。

人間は撃てないものだと完全に舐めてかかっていたアンドリューの両手、右肩にヒットし、アリシアは解放されます。

「は?」

一瞬、自分の身に何が起こったのか理解出来ないでいるアンドリューの隙を突き、エマやザックは飛びだします。

ザックはアリシアを、エマはドミニクに向かいますが、アリシアの身柄確保はすんなり成功します。

『何が起きた?』

肩の関節、両手を正確に撃ち抜かれたことに完全に意表を突かれて激昂するアンドリューです。

オリバーは、何年もルーカスから手ほどきを受け、その上ユウゴからも気配を消し狙撃する術を学んでいました。

『俺達をナメるなよ!!』

チイッ!

オリバーを甘く見ていたことに舌打ちしながらも、アンドリューは負傷し倒れているドミニクだけは返すまいと、踏み殺そうと走り寄り足を振り上げた。

それを防ぐためにレイは、アンドリューに向かって銃を構え、その眉間にロックオンする。

『子供(おまえら)が背負う必要はねぇ』

ユウゴはそう言って、汚れ仕事を引き受けてくれていた。

『ごめん、ユウゴ』

『背負う覚悟はもう出来ている!!』

天に召したユウゴに謝りながらも、レイは自分の手を血に染める覚悟を決めていた。

「死ねェ!!ブタ共!!食用生物がァッ!!」

その引き金を引こう、その瞬間に気が付く。

ですが激昂したアンドリューは全く気がつかなかったが。

アンドリューの背後に迫っていた、大きな口を開けた野良鬼の存在に。

エマはすでに飛びだしていて、ドミニクを抱え、逃げることに成功しますが、対応の遅れたアンドリューはそのまま頭から野良鬼に囓られてしまいました。

ぎゃあああああ!

断末魔の叫びを上げて。アンドリューは捕食されます。

「今の内だ逃げろ!!」

その光景に足がすくみますが、気を取り直しアンドリューに気を取られている隙に皆野良鬼からの退避に成功しました。

ゲプッ。

眼鏡以外骨も残らず食べられたアンドリュー。野良鬼はゲっプをしながら去っていきました。

鬼の前ではアンドリューも為す術がなく、その人生を閉じるのでした。

ー場面変わり、潜伏先の地下道ー

回収出来た仲間の遺体の前で、エマやオリバーの口から皆に、ユウゴとルーカスの死も伝えられました。

「立派な最期だった。俺達を守って最期までーーーー」

オリバーの言葉を、皆神妙な面持ちで受け止めています。

『ルーカス・・・ユウゴ・・・』

ジリアンの頭の中には、自分を助けてくれたルーカスと過ごした日々、軽口を叩きながらも仲良く過ごしていたユウゴとの日々が鮮明に蘇る。

『そっか・・・二人とも・・・』

『もういないんだ』

そう、思ってしまった時、必死に堪えていたジリアンの涙腺は崩壊します。

「うわぁぁあああああ!」

誰よりも早く、地面にへたり込み泣き叫びました。

ジリアンの悲しみが移ったように、仲間達は皆、それぞれに泣き始めます。

年少組も、オリバーも、ザックも。

「いいよ、今だけは泣こう。今だけは」

ポーラはジリアンをだきしめ、そう言って泣きます。

わああああああ

皆の泣き声が盛大に響く。

エマも涙こそ見せないが、必死に歯を食いしばり仲間の死を悼んでいました。

ー場面変わり、森を見回るレイー

「いた」

何かを探して見回るレイが、木の上にある目的のものを見つけ、弓を放ちます。

ドサッ。

レイの矢を受けて地面に落ちてきたのはフクロウ。

「こいつだ」

「!?レイ?」

一緒に行動していたラニオンもレイの意図することが判らす何だろうかと聞き返しますが・・・

「これって・・・フクロウ?」

「いや、よく見ろ」

「これ・・・カメラだ」

ナイジェルが落ちてきたフクロウを調べ、それがカメラだとわかります。

狙撃されたフクロウはもげた首から機械の配線が見えていました。

ー皆が潜伏する地下道ー

「なぜ奴にこの場所が判ったのか。なぜ奴らがシェルターまで俺達のカメラの死角を縫って来れたのか。これがその答えだった」

フクロウ型のカメラを見せ、アンドリュー達の襲撃の理由の種明かしをしてみせるレイです。

「こいつが俺達のカメラの位置を特定して、逃げた俺達の場所も知らせていたってことか」

ぺぺの言葉に、「恐らく」と返答するレイは言葉を続けます。

ずっとこのフクロウに尾行されていたんだと。

だから。

「ここもダメだ。すぐにでも捨てるぞ」

「!!」

レイの言葉に皆からの動揺が伝わります。

敵のカメラがこれ一台とも限らないし、仮に一台だとしてもラートリー家本陣にバレている可能性だってある。
安全な場所とは言い切れなくなってしまったため、動くことを余儀なくされるとレイは言います。

あてもなくさまようのか・・・と落胆する弟妹達。

その様子を見て、エマはオリバーを呼びます。

「みんな、ルーカスが最後に受けた電話がある」

エマの意図にすぐ気がつきオリバーは、あのメモのことをみなに伝えました。

ミネルヴァさんが生きているかも、支援者がいて、どちらにしても味方であろう存在に、すこしの希望で笑顔を見せますが・・・

「でもまた旅・・・・・・」

その一言に、また意気は消沈します。

「家も仲間も奪われた。大人(ユウゴ)達も・・・」

シェルターに続いてこの場所も失うことに、不安しかありません。

「苦しい・・・!悔しい・・・!俺達に安息の生活はないのか・・・!」

「うん、ないよ」

絶望にまた涙しながら呟く仲間に、雰囲気が重苦しい物になったその時に、エマから追い打ちをかけた一言です。

「だからそれを手に入れるために私達は戦っているんだ!!」

肯定した上で、鼓舞します。

フィルと約束した2年まで、あと2ヵ月の所にまで迫っていました。

「あと2ヵ月。それまでに必ず世界を変える」

『お前達なら必ず世界を変えられる』と、ユウゴにも背中を押された。

「私達ならできる。やるんだ!! ユウゴ達の分まで!」

「そのためにも行こう!希望があるならどこへでも何度でも!」

「行こう全員(みんな)で!この呼びかけの場所へ・・・!」

ー場面変わりー

「あの放送、あのシェルターにも届いたかな」

「ああそのはずだ。始めるぞジェイムズ」

皆を勇気づけ、意思を高めたその一方で、ジェイムズと呼ばれた男達が何かを始めようとした所で、第112話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

ふくろう。もっとシンプルでしたね。

カメラだった予測はおおよそ当たりでしたが・・・支援者ではなく敵サイドのものでしたか。

でも、「一台とは限らない」とありましたので

フクロウが何台かいて、敵側と支援者側両方に情報がいっていたのかなとも思います。

アンドリュー達の動きはごもっともですが
あのタイミングで電話をかけられた支援者の方にも情報が行ってないと難しいですもんね。

前回の予想『最後の銃声はフクロウを通じて動向を覗っていた支援者の誰かが助け船を出した一発と予想。』

見事にド外れ~。そんなにホイホイ助けてくれるほど甘くなかったか。

オリバーがルーカスの代わりになる決意の表れのようで、胸熱。確かに最年長になりましたものね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド112話感想

野良鬼って怖かったんだと再確認した112話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

なるほどー。鋭い見方のご意見が多く見受けられました。
これだけ胸熱で面白いのにここ数週掲載順が低いのは、メインターゲット層の支持がとれにくいから・・・確かになぁ。かなりグロかったりしましたよね。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2018年51号の掲載順をご紹介

51号はこのような掲載順になっていました。

上から

・Dr.STONE(アニメ化巻頭カラー)
・呪術廻戦
・ブラッククローバー
・ぼくたちは勉強ができない(センターカラー)
・アクタージュ
・僕のヒーローアカデミア
・忘レ物探偵(読み切りセンターカラー)
・HUNTER×HUNTER
・ハイキュー!!
・THE COMIQ
・鬼滅の刃
・思春期ルネサンス!ダビデ君
・約束のネバーランド
・ワールドトリガー
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん(センターカラー)
・アリスと太陽(最終回)
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、19作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は13番目です。
2桁続いてますね。

ですが、52号はアニメ放送目前&新展開突入記念の巻頭カラーです。喜び。

ここ5週の掲載順番は『13番、16番、8番、1番、2番(最新号から)』ですので、平均は一つ下がり6番でした。

GP編、終幕の11巻は2018年11月2日(金)発売になりました。

11巻は89話「合流」から97話「望む未来」の9話分収録です。

本編の他にある舞台裏的なおまけ漫画もたのしく、ファン必見の11巻ですよー。

第一回人気投票の結果も掲載!

カバー折り返し部での出水先生のコメントで『2ヵ月後にまたお会いしましょう』とありましたので

最新巻12巻は2019年1月4日(金)頃発売する可能性が高そうです。

2019年1月から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠でTVアニメ化決定!

とうとうアニメ化ですね!気がつけばもう約二ヶ月後になりました。19年の注目冬アニメになることは間違いないでしょうね。

公式Twitterで続編情報が出ています。エマ達主要キャストの声優さんも発表されました。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

主題歌も決まり、イメージがどんどん膨らんでいきますね!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

アンドリュー編(?)終了ですね。

家畜(食用生物)と下に見ていた彼にとっては、最も酷く辛い最後だったでしょうね。

重傷を負わされ、最後は野良鬼に食われて。自分が散々口汚くののしっていた「ブタ共」に、自分がなった。

ユウゴやルーカス、モブ仲間計5人殺されてしまったので因果応報な気はしますが。

ジリアンが素直で、ただただ素直な良い子でもう・・・一緒になって泣けてしまいます。

さりげなくユウゴに絡んでいたキャラ(ジリアンやアリシアはよくセットで描かれていた)がピックアップされていたのもばっちり伏線はっていてくれたのですね。

そう言えばあの森は野良鬼の生息地で危なかったことを忘れかけていましたが、しっかり設定を使ってくるのがもう・・・面白い!!(語彙力低め)

気になるフクロウの正体も割れ、最後に出てきたまさかのジェイムズさん。本人?同姓同名?

謎ばかりが深まりますね。

後2ヵ月の時間軸ですが、どう展開していくのかな?

ミネルヴァさんは?Λは?ノーマンは?イザベラはどうなった?・・・などなど

1月からはアニメ化ですし、たくさん回収すべき話もあるので、きっとまだまだ最終章は終わらなさそうですね!

次号から新展開なので、楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク