約束のネバーランド118話ネタバレ考察と感想「対面」(14巻収録予定)

約束のネバーランド第118話「対面」(2018年1月7日発売の週刊少年ジャンプ6.7合併号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第117話「檻への侵入2」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド118話「対面」ネタバレと伏線考察

森で待機するジンと仲間達の元へ、ザジを連れて戻った4人。

紙袋を被った大男・・・ザジのもつその異質な雰囲気に、皆最初は警戒しますが、ハヤトの尽力により打ち解けた模様です。

「クリスは?」

「大丈夫。まだ油断はできないけど脈も呼吸も落ち着いてきた。薬が効いたんだ」

クリスを治療しているサンディが、エマにそう答えます。

クリスの容体は落ち着いて、寝顔もだいぶ健やかなものに戻ってきていました。

その様子を見て、やっと表情を緩めるエマです。

アンナが選んだ薬もバッチリで、潜入作戦は何とか成功を収めました。

もう日も暮れているので、「明日の朝一番に出立する」ことにして、皆休むことになりました。

夜が明けて、皆ミネルヴァさんのアジトに向けて出発します。

ーそうして、2日後のことー

「でッけぇーーーーー!!!」

大きな巨木が何本もそびえ立つ森につきましたが、その大きさが規格外なもので、仲間達は目を剥いて驚いています。

「・・・・・・・・・」

「これ木だよね?」

「森!」

「今まで見たどの森よりでけぇ」

エマ、ギルダ、ドミニク、ドンが口々に感想を述べます。

鬼の世界を諜報して、他の子よりも世界を知っているだろうドンも、この規模の大きさは初めてだったようです。

「この先、もう少しのところにアジトがある」とジンは言います。

『確かに鬼達の町からは遠いが、この森にも相当いるだろ野良鬼が』

レイは銃を構えながら、足元についている野良鬼の足跡を見ながら、少々懐疑的な気持ちになっていました。

こんな場所に何百人も暮らせるアジトがあるとは、どうしても信じがたくて。

「俺、先に行ってボス達に知らせてきます」

同じような木ばかりで道の区別が付かない中、ジンとハヤトの先導で進んでいましたが、

ハヤトがジンとザジに「皆さんを無事にお連れするように」と託し、ぐっぐっ、とおもむろに足の健を伸ばすストレッチを始めました。

そして、ハヤトはぐっ、と地面を蹴った。

ビュンッ。

「!!!」

「はっや!!」

「ハヤトはっや!!」

あっという間にハヤトの姿が見えなくなり、その速さは人間のものとは思えないものでした。

エマもギルダもみんな信じられないものを見たと大口を開けて驚いています。

『何だ今のは。いや・・・そう言えばあいつ、あの時もーーーー』

『あいつ・・・いや。こいつらーーーー』

その異常な足の速さに、潜入時一緒に行動をしていたレイは何かに気がついたようでした。

ハヤトだけではなく、ジンもザジにも、何か勘づいています。

ハヤトの韋駄天さに驚いているまに、ジンの案内でアジトの入口に辿り着きました。

そこは巨木の根元で、さり気なく穴が空いているようです。

ジンに促されるまま、エマ達は木の穴の中へ進みます。

「!」

そこには想像以上の光景が広がっていました。

「ここが我々のアジトです」

ジンに紹介されたアジトは、中はかなり広く、高く、一つの町を作っていました。

「すっげーすっげー!何これ!!」

トーマとラニオンの仲良しコンビは大騒ぎです。

「木の中に、町?」

「俺も詳しくは知らないのですが、昔鬼のナントカって一族が隠れ住んでいた集落の廃墟で、町の鬼達は知らず近づかないんだそうです」

エマの疑問に、ジンは丁寧に答えてくれました。

そうして、まずはケガ人を医務室につれて、そこにある設備はしっかりした医療器や薬がびっしり並んでいて、アンナも驚いていました。

「皆さんはこちらへ」

ケガ人の搬送が終わったら、他の皆には階段を上るようにと案内するジンです。

その道すがら、食品庫や武器防具庫、音楽や図書の部屋、衣服をあつらえている裁縫室など、子供達が各々生活の営みをしている光景を目にします。

「すごい・・・本当に町だ。何でもある。それに」

たくさんの子供達が、エマ達一行を歓迎してくれます。

「どの子もみんな笑顔だ」

「ようこそ!」と口々に話しかけてくれるアジトの子供達。初めて会ったジンとハヤトのように、本物の脱走者に会えたことで興奮気味の子達もいます。

みんな楽しそうで、笑顔に暮らしている。

『ここがミネルヴァさんが作った楽園』

エマはその光景を見て、思います。

「つかれたでしょう。さあ、お茶とおかしもあるよ」
「お菓子!?」

お茶とおかしの乗ったトレイをもってやって来るアジトの子供達に、ジリアンや仲間達はオオオオ!と驚きます。

「・・・・・・」

お茶を配るアジトの子の手に入っているのは量産農園の個体ナンバーの紋章があり、それを見つけたレイは何か言いたげです。

そして、先に行ったハヤトが迎えに来て、ミネルヴァさんがエマと面会を求めていると伝えられます。

エマはオリバーの顔を見ますが、彼らも行くようにうなづきで返してきました。

「行ってくる!」

ハヤトの案内で、エマとザジはミネルヴァさんの元へ進みます。

『いよいよだ。いよいよ会える。ミネルヴァさんに』

GFハウスでミネルヴァさんのモールスに気づいた時から・・あの日から今日までの長い道のりを思い出しながら、エマは進みます。

『あなたがいたから、脱獄してこれた』

『あなたがいたから、あの2年があったんだ』

ペンを握りしめ、ユウゴやルーカスと過ごした宝物のような日々を抱きしめながら。

そうして、立派なドアのある部屋の前につき、ハヤトはコンコン、とノックし、ザジは扉の前で控えます。

「ボス、お連れしました」

「入れ」

中からミネルヴァさんの声がします。緊張にエマの心臓がドクン、と鼓動を早めます。

ガチャ。

ハヤトが扉を開け、ミネルヴァさんはハヤトに下がるようにもうしつけ、部屋の中にはエマとミネルヴァさんの二人きりになりました。

「長かった。ようやく会えたね」

書斎や応接室のようなミネルヴァさんの部屋で、スーツを着た男の人・・・ミネルヴァさんは立っています。

『嘘・・・どうして?』

その姿に、エマは動きを止めてしまいます。

そして。静かに涙を流すのでした。

「ノーマン・・・」

そこにいたミネルヴァさんは、ノーマンそのものな男の人でした。

静かに微笑むミネルヴァさんとの運命の邂逅で、第118話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

色々と気になる点がありましたが、ハヤトの足の速さにレイが何かに気がついたこと。

前回、ザジについての考察で『改造人間的な感じ』とかいたのですが、レイがハヤトだけでなくコイツら、と言っていたので、ミネルヴァさんの要の戦闘要員は皆がΛ的な施設の改造人間??なのかなと

お茶を配ってくれた少年にあった紋章は量産農園のものだろうが、レイが気にしていたことが何かあるのか気になりますね。

そして、昔いたナントカって鬼の一族とは、一番人間に近い姿のムジカがいた一族なのでは?と予想します。
あるいは、竜の目であった●●なのかも・・・(●●とムジカも関係がありそうですよね。)

ミネルヴァさんがノーマン。・・・なんでしょうね、きっと。エマが見間違えるはずないですよね。

後ろにあったルービックキューブで本人なのかな?と思いました。

あのルービックキューブで、Λ内でも色々やっていたみたいですし(単行本12巻おまけ漫画必読)

それとも、血の繋がりはあるが別人の線もあるよね・・・クローンとか?

どちらでしょうかねぇ。

気になる所だらけで話がまとまらずですが、118話はたくさんの考察の燃料ができた話でしたね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド118話感想

エマの涙に心が打たれた118話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

もの凄い衝撃的なエンドにネット上もざわついていますね。
ミネルヴァさんがノーマン。それはちょっと思いつかなかった方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年6.7合併号の掲載順をご紹介

6.7合併号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ONE PIECE(巻頭カラー)
・呪術廻戦
・ハイキュー!!
・鬼滅の刃
・ブラッククローバー
・約束のネバーランド(センターカラー)
・チェンソーマン
・ne0;lation-ネオレイション-
・新春!新鋭ショートギャグ頂上決戦!! ジャンプG-1グランプリ2019
・Dr.STONE(センターカラー)
・アクタージュ
・ぼくたちは勉強ができない
・乱破連弾(読み切りセンターカラー)
・獄丁ヒグマ
・僕のヒーローアカデミア
・思春期ルネサンス!ダビデ君
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。

ここ5週の掲載順番は『6番、2番、2番、5番、6番(最新号から)』ですので、平均は一つさがり4番です。

12巻は2019年1月4日(金)発売になりました。

12巻は98話「始まりの音」から106話「活路」の9話分収録です。

アンドリューの襲撃で危機一髪!大人組が体を張るところまでですね。

もの凄く・・・気になる伏線がありました。おまけ漫画なのですが、本編ではまだ語られていない部分が・・・「え!?」なのです。

必読だと思います。

そして。

最新巻12巻と同時に、ノベライズ第2弾も発売しました。

今回の主役はママとイザベラ、彼女たちの過去にスポットが当たるようです。

約束のネバーランド~ママ達の追想曲~

そちらもあわせてチェックです!

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

1話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

レイ役の伊藤さんのツイートを紹介。

 
『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

ここでぶっ込んできました、衝撃のエンド・・・

まさかノーマンがミネルヴァさんだったなんて。

本物のノーマンだったなら、GPの録音のミネルヴァさんとは別人だってことになりますよねぇ。

色々伏線的な謎が散らばっていて、どうやって回収するのか気になりすぎてしょうが無いです。

本当のノーマンだったなら、どうやってここに来たのかも、いきさつも知りたい。

ハヤトがフツーの人じゃなかった・・・と言う事実もまたノーマンがらみの秘密に関係するのでしょうか。

もう、とにかくノーマン登場に全部持って行かれてしまいました。

今回が合併号なのが悔しいですね~、次が気にになりすぎて困ります。

とりあえず、アニメの約ネバを見て我慢しましょうか・・・w

スポンサーリンク