約束のネバーランド119話ネタバレ考察と感想「邂逅」(14巻収録予定)

約束のネバーランド第119話「邂逅」(2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ8号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第118話「対面」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド119話「邂逅」ネタバレと伏線考察

「ノーマン・・・・・・」

あの日、鬼に出荷されて食べられたはず。そう思っていたエマは泣きながら、「ノーマンなの?」と目の前のミネルヴァさんに確認します。

すると、ノーマンも頷き、エマの名を呼びました。

『何度夢に見ただろう。ノーマンが生きている世界』

『何度後悔しただろう。何度挫けそうになっただろう』

『私、頑張ったよ。諦めないで頑張ってこれたよ、ノーマン』

今までのことが鮮明にフラッシュバックしてきます。

エマは昔のままの泣き顔で、ノーマンに抱きつき、再開を喜び合いました。

「会いたかったずっと・・・無事でよかったエマ」

「嘘みたい・・・ノーマンが生きてる生きてる・・・!」

お化けとか、そっくりさんじゃないかと心配するエマでしたが、そこにいるノーマンは間違いなく本物のノーマンで。

二人が別れた時のこと、ノーマンが「出荷」された後のことを互いに報告し合います。

ノーマンは別農園に送られ、そこでまた鬼に飼われていたこと。

エマは左耳はハウスに置いてきてしまったけど、レイも連れて脱獄ができたこと。

GV組も加わり家族が増えたこと。

その後、皆がノーマンも元に通され、ミネルヴァさんがノーマンだったことを明かします。

アダムも、ノーマンをみて「22194」と認識番号を繰り返し

弟妹皆がミネルヴァさんがノーマンだったこと、彼が生きていることに驚き、涙を流して喜び合いました。
その光景にGV組も温かく見守っています。

ただ一人、レイを除いて。

レイだけはその感動の光景を一歩引いて傍観していました。

「レイ?」

感動しているGV組も、オリバーもレイの様子に不思議に思うのですが、

その後、レイは無言でノーマンに歩み寄り、その横っ面に一発張り手をかますのでした。

「!!?」

「酷いなぁ。挨拶もナシに報復かぁ」

その衝撃で床に座り込んだノーマンは、ハハハ、と打たれた頬をさすりながらいつものニコニコ笑顔で笑って、

「いいモノ見れただろ」

ひとをくったような不敵な笑みを浮かべ、レイにそう返しました。

「ああ・・・おかげでな」

レイの表情は見えなかったが、彼も涙を流していました。

「生きててよかった・・・!」

レイはノーマンとエマを抱きしめ、その生を喜びます。

なんで私まで???と驚くエマでしたがそれは口に出さず。

「お前ももう二度と死のうとすんじゃねぇぞ、馬鹿ノーマン」

「うん・・・了解。馬鹿レイ」

3人の感動の再会も終わり、互いの情報を共有し始めました。

「そうか・・・フィル達はもまだハウスに・・・」

「でもみんな本当によく頑張ったね。GVの皆さんにも会えて嬉しいです。心から」

「・・・ごめんね、シェルターの場所や襲撃ももっと早くに察知できていれば・・・・・・」

亡くなったユウゴやルーカス、他の子供達を思い、ノーマンは胸を痛めます。

「あれは悪いのはラートリー家だよ!」

ジリアンやアリシアがノーマンの言葉を否定します。

「それで、ノーマンはどこにいたの?“別の農園”とは聞いたけれど」

「僕がいたのはΛ7214。食用児の実験場だ」

ギルダの質問に、ノーマンはシャツの前をはだけさせ、左胸に入れられたΛの刻印を皆に見せます。

そのマークがアダムのと同じだと気がつく弟妹達。

西の果ての新農園から、どうやって出てきたのかレイは聞くと、「脱獄した」とノーマンは返します。

「仲間を見つけ、ミネルヴァの支援者の力を借りて、ラムダ(あのオリ)を壊して出てきたんだ」

「支援者?」

「うん」

身なりを直しながら、話を続けるノーマンです。

「“スミー”と名乗っていた。シスタークローネにペンを与えた人だったよ」

「!!」

いつぞやに、シスタークローネにわかるようにペンを落としていった人、その彼が支援者のスミーだったと。
ですが、その彼も今は殺されたとノーマンは言います。

当主ピーターの粛正で支援者は皆一掃されたこと。

スミーは最後の一人でしたが、彼が亡くなる前にノーマンが情報とネットワークを受け継いでいたこと。

そのおかげでこのアジトがあり、大規模集落を築けたこと。

それを、ミネルヴァさん本人ではなく一介の食用児が僅か半年でやり遂げたことに、ドンも改めてノーマンの凄さを感じていました。

「あの放送もノーマンが・・・」

「うん。ミネルヴァを名乗っていればエマ達(みんな)にも辿り着けると思ったし。それに」

「楽園の造成、人脈(ネットワーク)の仕様、ラートリー家への脅し、鬼達への宣戦布告、全てにおいてミネルヴァとジェイムズ・ラートリーの名は色々と都合が良かったからね」

「・・・・・・・・・」

エマも、ギルダもドンも、レイも押し黙ります。

「なぁ、ノーマン。聞きたいことは山ほどある」

ラムダのこと、アジトのこと、ハヤテやザジ達やこの集落の人のこと・・・と具体的な例を挙げながらも、それ以上にまず先に、聞きたいことがあるとレイはいいます。

「お前は何をしようとしている?農園を襲ってこの“楽園”をつくって。一体何をーーーーー?」

「・・・その質問に答えるには、僕からも話しておかなければいけない話がある」

「みんなは知ってる?なぜ鬼は人間(ぼくたち)を食べるのか。食べなければならないのか

「え」

ノーマンの言葉に、その迫力にエマは言葉を詰まらせます。

「“鬼”とは何なのか」

核心に迫りそうなノーマンで、第119話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

クローンではなく、ノーマン本人でしたね。

さらっと支援者と仲間の存在を出しましたが、これから出てくるのでしょうかね。

ノーマンが「オリ(ラムダ7214)を壊して出てきた」のだから、ラムダで実験していた食用児達も連れて出てきたと考えたら、アダムもノーマンと同じ施設出だと確定したので彼のような能力特化した食用児がいてもおかしくないかも。

だからハヤテや、農園を襲撃した強い仲間(幹部みたいな感じ?)達がいるのかな。

そして

鬼には『人間を食べなくてはならない』理由があるようですが、以前ムジカは自分は「人間を食べなくてもいい」と言っていた。
エマ達には解らない言葉で「我々はだいぶ無秩序な姿になってしまった」とも。

彼女の存在は核心にせまる何かがあるのでしょうね。

ソンジュやムジカ、レウウィスやバイヨン達と意思疎通ができてていたので、鬼と人間とは言語が共通しているのでしょうが、鬼だけの言葉もあるんですよね。
発音がわからない表記の偉い鬼やムジカがやっぱり繋がりがあるんだろうなと予想します。

スポンサーリンク

約束のネバーランド119話感想

エマの涙に心が打たれた119話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

確かに見開きの耳が・・・ある!!!
どちらなのでしょうね。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年8号の掲載順をご紹介

8号はこのような掲載順になっていました。

上から

・約束のネバーランド(巻頭カラー)
・ONE PIECE
・Dr.STONE
・アクタージュ
・僕のヒーローアカデミア
・ハイキュー!!
・呪術廻戦(センターカラー)
・鬼滅の刃
・獄丁ヒグマ
・白帝のエリカ(読み切りセンターカラー)
・ブラッククローバー
・ジモトがジャパン
・ne0;lation-ネオレイション-
・チェンソーマン
・ぼくたちは勉強ができない(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・思春期ルネサンス!ダビデ君

作者コメント欄

で、19作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は表紙&巻頭カラーで1番目です。

ここ5週の掲載順番は『1番、6番、2番、2番、5番(最新号から)』ですので、平均は変わらず4番です。

12巻は2019年1月4日(金)発売になりました。

12巻は98話「始まりの音」から106話「活路」の9話分収録です。

アンドリューの襲撃で危機一髪!大人組が体を張るところまでですね。

もの凄く・・・気になる伏線がありました。おまけ漫画なのですが、本編ではまだ語られていない部分が・・・「え!?」なのです。

必読だと思います。

そして。

最新巻12巻と同時に、ノベライズ第2弾も発売しました。

今回の主役はママとイザベラ、彼女たちの過去にスポットが当たるようです。

約束のネバーランド~ママ達の追想曲~

そちらもあわせてチェックです!

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

2話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

視聴者さんの感想もピックアップ!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

公式スピンオフ漫画「お約束のネバーランド」連載中!ゆるい感じでおもしろいですよ!
 
『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

ノーマンとの再会にほんとうに嬉しい展開です。ミネルヴァさんのネタばらしが少しされましたね。

レイの「生きててよかった」

は、ノーマン自身もだけど、自分自身も生きていてよかったという喜びだったんでしょうね。
以前、ノーマンにイイ物見せてやると言われたことがここで繋がることには胸アツです。

また新たな謎が増え、物語は核心に迫る勢いですね。ワクワクしますー。

アニメの方も面白いですし次週も両方楽しみです!

スポンサーリンク