約束のネバーランド120話ネタバレ考察と感想「形のない怪物」(14巻収録予定)

約束のネバーランド第120話「形のない怪物」(2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ9号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第119話「邂逅」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド120話「形のない怪物」ネタバレと伏線考察

 
「鬼とは何なのか」

「なぜ鬼は人間を食べるのか。食べなければならないのか」

ノーマンが話しておかねばならないことがある、と。食人鬼の核心について話し始めます。

ノーマンの問いに、皆そういう怪物なんじゃないの?と気にもとめていなかった。

「奴らはヒトを食べなければ、あの姿も形も保てない」

「形のない怪物なんだよ」

弟妹達の疑問に、ノーマンはそう返すのでした。

ノーマン曰く、「鬼」とは

最初の姿は誰も知らない。

恐らくは細菌に似た何かだったそう。

細菌は分裂によるコピーが多いが、そこから突然変異し、急速に進化していったのが「鬼」なんだと。

彼らは食べることにより、遺伝子を取り込み進化する。

魚を食べたら魚のような何かに、虫を食べたら虫のような何かに、その形質を受け継ぐのだそう。

それを繰り返すことで、様々な姿になり、進化を遂げていった。

竜や、猿や、馬のようなモノにも。

そうしていくことで、ある日「人間」を食べた。

そうすることでヒトに似た姿や、高度な知能、文化や言葉を獲得していく。

人間は”彼ら“にとって最大の好物になり、みるみるうちに人間を越え、人類の天敵になった。

驚異的な速度で進化・変容を遂げていく圧倒的存在として現われた“彼ら”を畏れた人間は、

鬼、怪物、悪魔、神・・・と、様々な名前で呼んだ。

最強で最悪な存在にも思えた鬼でしたが、そんな鬼にも早すぎる進化の代償とも言える弱点があった。

それは、人間を食べ続けないとその形質を保っていられないということでした。

個体差もあり、元に戻るわけでは決してないが、形質は保てない。

だから鬼はヒトを食べて、自分たちを維持している。

約束の締結を経ても、一度知ったヒトに味を占め、食べ続けるのだ。

「それが、鬼の正体だよ」

「・・・・・・!」

ノーマンの言葉に、エマも皆も戸惑いを隠せないでいました。

食べて進化する。

だから鬼の形状も色々で、農園を作ってまで人間を食べることの理由も分かった。

「けど・・・細菌みたいな単純な構造の生物ならともかく、これだけ複雑な生物と化してなお、そこまで柔軟な遺伝子の組み換えが可能だなんて」

「ありえない・・・まさに驚異だよ」

レイも、鬼達の常識はずれた性質に冷や汗を流していました。

「でもその分、良くも悪くもすぐに遺伝情報が書き換わる。極めて不安定な生き物なんだ」

「だからね、農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ」

ノーマンはそう続けます。

この1000年の間で、粗悪な量産肉を食べ続けた下級の鬼達は、輪をかけて形質保持力が弱まっているらしく、早い個体で半年ヒトを食べなければ知恵を失い野に返ると。

野に返る、それは野良鬼のようになってしまうことだそうです。

質の悪すぎる肉に対する民衆の不満は、鬼社会で問題になっているとのことで。

「農園を潰せば鬼は野良鬼のようになる・・・だからノーマンは農園を・・・」

でも、それが人間の食用児に現実にできるのかと疑問が出ましたが、ノーマンは「できる」と言い切りました。

「エマ、ザジを見たんでしょう? あの子の力を」

エマはザジに助けられたことを思い出します。
刀一撃で三体もの鬼を斬り伏せたこと。拘束されたエマにはふりほどくこともできなかったのに。

それは、「ラムダの実験の副産物」だとノーマンは言います。

ノーマンのいた試験農園Λ7214は、ラートリー家と鬼の5貴族が手を組み、多種多様の高級肉や、質の良い量産肉を生み出すために作られた施設。

そこでは非人道的な実験が日々繰り返されていた。

「繰り返される投薬と実験、品種改良・・・その過程で筋肉や神経系、間隔などにおいて異常な発達、変則的成長を見せる個体が予期せず次々と発生した」

「それがザジやハヤト達ってことか」

理解の早いレイの言葉に頷くノーマンです。

でも、ジンやハヤトはラムダではなく、その系列の新型量産農園の生まれなのだと言います。

ハヤトの異常な足の速さや、アダムの怪力や回復の早さもそのためなのだと皆理解しました。

「この力は鍛えれば鬼にも勝る戦力になる。皮肉にも全て鬼がくれたんだ。高級食用児(ぼくら)の知恵同様にね」

だからノーマンは、ラムダとその系列農園から襲い、食用児達を解放していったそうです。

その能力を持った子供達“イレギュラー”の確保・保護を優先して。

このアジトにいる何割かの子供は、未来のザジになると。

「ラムダの檻でずっと考えていた」

ノーマンは、エマの言葉を思いだしていたそうです。

『ないならつくろうよ。変えようよ世界。』

ハウスで、3人で話していたあの頃。

「エマならきっと、家族みんなで笑って暮らせる未来を。そのためにも自分や家族だけじゃない。全食用児を救う道を望むって」

その決意はノーマンがいなくなった後にエマは言っていましたが、ノーマンは1語違えずにわかっていた。エマは全食用児を救う道を選ぶと。

「でしょう?エマ」

弟妹達は皆、期待に満ちた笑顔ですがエマは少し困ったような、まだなんともはかれない表情です。

ノーマンも作りたいと思っていました。そんな世界を。

「エマやレイやみんなと、今度こそ一緒に生きたい」

ノーマンの出した答え。そのためにできる「最善」は、鬼を滅ぼすこと。その上で鬼世界で全食用児の楽園を作ることでした。

人間の世界に逃げるよりも確実で安全、全食用児を救える方法だと。

ノーマンの描く計画に、エマは何を思っているのか気になる所で120話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

鬼の生態が判明!食べて進化は判らなかったですね・・・

でも、以前GPでノウスがノウマを食べていたことで、彼女の声が聞こえたり一つになっていたのは幻聴ではなくそういう性質だったんだと判明されましたね。

よく発達した人間の脳が高級品なのは、形質を保てるからだったのか。

やっぱりこうなったら人間を食べなくていいムジカの存在が何なのか、神なの?かと謎がもっと深まりますね。
ソンジュは人間食べたいようですが・・・食べなくても形質を維持出来ているんですよね。何か秘密があるのでしょうか。彼らの宗教の存在も。

ノーマンの計画を聞いていたエマは、多分全面的に賛成ではないのではないかと予想します。
弟妹達と比較して浮かない表情で描かれていた所が気になりますし。

エマはムジカともう友達だし、約束を結び直すことを目的にしているから鬼の全滅は望んでいないだろなあと。
ソンジュやムジカのように、比較的友好的な鬼とも接しているのだから。

ノーマンがエマが考えることを予想して、そして情を置いて一番の最善の手がこれだったんだというのが見事ですね。

エマは優しすぎるからそこまで非情になれるかねぇ、と彼女の返答が意外な物になりそうな予感がするので、次週が楽しみです。

スポンサーリンク

約束のネバーランド120話感想

衝撃の生態が後悔された120話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

エマの動向が気になる声もありましたね!すごく同感・・・

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年9号の掲載順をご紹介

9号はこのような掲載順になっていました。

上から

・僕のヒーローアカデミア(巻頭カラー)
・鬼滅の刃
・Dr.STONE
・約束のネバーランド
・ブラッククローバー
・ハイキュー!!(センターカラー)
・呪術廻戦
・アクタージュ
・BORUTO
・ne0;lation-ネオレイション-
・アンデット+アンラック(読み切りセンターカラー)
・思春期ルネサンス!ダビデ君
・獄丁ヒグマ
・チェンソーマン
・ぼくたちは勉強ができない
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、19作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は4番目です。

ここ5週の掲載順番は『4番、1番、6番、2番、2番(最新号から)』ですので、平均は一つ上がり3番です。

12巻は2019年1月4日(金)発売になりました。

12巻は98話「始まりの音」から106話「活路」の9話分収録です。

アンドリューの襲撃で危機一髪!大人組が体を張るところまでですね。

もの凄く・・・気になる伏線がありました。おまけ漫画なのですが、本編ではまだ語られていない部分が・・・「え!?」なのです。

必読だと思います。

そして。

最新巻12巻と同時に、ノベライズ第2弾も発売しました。

今回の主役はママとイザベラ、彼女たちの過去にスポットが当たるようです。

約束のネバーランド~ママ達の追想曲~

そちらもあわせてチェックです!

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

現在4話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

視聴者さんの感想もピックアップ!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

公式WEBラジオも5回目配信中!作品のファン、声優さんファンにもたまりませんね!
 
『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

キリの良い120話、見事に核心でしたね・・・

鬼の生態が判明しましたし。

エマとノーマン、道のりは違っていたのでかならず同じ方向でいけるとは思えないですよね。

ミネルヴァさん扮したノーマンは、救えない命は破棄出来るドライさも持ち合わせていましたし、基本甘々のエマとは考え方が違うと思われます。

来週、意見の衝突があるのでしょうかねぇ。

お互いに揺るがないモノがあるだろうし、背負ってるものがあるのでそれがあって良いと思いますが・・・

対立とかにはならないと良いなあと心配しつつ、次週を待とうと思います。

スポンサーリンク