約束のネバーランド125話ネタバレ考察と感想「嘘吐きの同盟」(15巻収録)

約束のネバーランド第125話「嘘吐きの同盟」(2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプ14号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第124話「聞かせろよ」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド125話「嘘吐きの同盟」ネタバレと伏線考察

ー同盟を結ぶ相手のアジトにて。ノーマン(w・ミネルヴァ)とザジー

フーッ。ハァハァッ。

同盟相手の鬼達の鼻息は荒く。目の前に現われたご馳走(ノーマン達)に理性を保つのもやっとです。

ザジはその殺気を感じ、刀に手をかけますが、ノーマンに刀を納めるように命じられます。

「すまないね。君があまりにも美味しそうだから」

「構いません。皆さんの食事の不自由は十分にお察ししています」

ノーマンはさしてきにしていないと相手に返します。

ここで自分たちを食べるより、同盟を結んだ方が何倍も有益だということもわかっているだろうと。

この同盟を結ぶことが人肉に困らない生活を手に入れる為の唯一の方法だと。

「-それで、卿はどちらに?」

ノーマンが問うと、奥から杖をついた位の高そうな鬼が現われます。

高貴そうな装束に身を包んだ、ノーマンの4倍もありそうな、山のように大きい鬼。

「遠路ご苦労。w・ミネルヴァ」

「お久しぶりです.突然の訪問お許し頂き感謝します。ギーラン卿」

「ホホ。『次は君一人、部下一人で来い』とは言うたが、まさかまことその通りに来るとはな」

以前はシスロとバーバラ、ヴィンセントの5人で来ていたノーマン(w・ミネルヴァ)。

「まずは信頼。目的は同盟を結ぶことです」

相手の信頼を得るために、言葉通りに訪問し、手土産も持参しています。

以前潰した農園の上級職員でした。

後で皆さんで召し上がって下さい、と言葉を添えて。

ギーラン卿は気が利くね、と喜びノーマンに席を勧めます。

「本題に入ろう」

「今一度聞く。君達(ぬしら)は我らに何を求め何をよこす?」

「ほしいのは戦力。差し出せる物は勝利。そして復讐の成就です」

ギーラン卿の問いかけに、ノーマンは鬼に囲まれながらも臆することなく答えます。

「700年前、貴家を裏切り陥れそのような姿に堕としめた、王家と現五摂家全ての首の献上をお約束する」

ノーマン曰く、それらを全て消せばギーラン卿が政権に返り咲け、復讐も叶うと。

「そうして、君達(ぬしら)が望む見返りは?」

「全食用児の解放。その上で食用児の自治をお認め頂きたい」

その解答に、鬼達はざわめきます。

「無論、あなた方の食料を断つ意図はない」

と前置きをし、相手に安心を与えます。

ノーマンの意図はこうです。

・現食用児は全員解放してもらうが、農園の設備はそのままギーラン卿に渡すこと。

・その代わりにラートリー家を差し出すので、食うも養殖するも好きにどうぞと。

・今の技術なら髪の毛1本から養殖が可能。望むならラムダの研究データも渡す。

「食用児(ぬしら)も1000年の意趣返しというわけか」

「それとも、一族を追われた君(ぬし)の報復か?J・ラートリー」

ギーラン卿の言葉に、ただにっこりと微笑むノーマン。

ギーラン卿の側近も、ノーマンの策は都合が良いと捉えます。

ラートリー家と王家五摂家の癒着が強いので、食って消せるなら一石二鳥と。

「手を組みましょう。生き残るためにも互いの復讐のためにも」

サインをしてある同盟を結ぶ書類を差し出し、ノーマン(w・ミネルヴァ)は口もとだけで笑う。

w・ミネルヴァである自分には策と情報がある。でも力が足りない。

ギーラン卿には戦力はあるが勝つ術がなかった。

だから、双方が組めば全てが叶うと。

「700年待ち望んだ復讐と勝利を.共に忌まわしきこの世界を破壊しましょう」

よく回る頭と舌で、雄弁と語るノーマンに鬼達も心を動かされます。

700年前にギーラン卿は何者かに謀られ、無実の罪を着せられ追放されたそうです。

一族もろとも野良落ちの刑に処され、今に至るのでその恨みも大きかった。

「よかろう。自治を認める。我らは約束は守る。手を組もう」

ギーラン卿は書簡を受け取り、そう答えるがもう一つ要求がありました。

ノーマンの策に乗り力を貸すのだから、失敗した時のこと。

もし盟約を守れなかったら、どうするのだと。

ノーマンはそう来ることも見越していたのだろう。表情を変えることなくその時は自分たち食用児の仲間もろとも食らい尽くせば良いと。

そう言質を取ったギーラン卿は「それでいい」と盟約を成立させる署名と拇印を押しました。

「共に新たな世界を築こう」

今ここに、ノーマン(w・ミネルヴァ)とギーラン卿は握手を交し、同盟が成立させることに成功しました。

ーギーラン卿のアジトからの帰り道。ザジとノーマンー

「うう・・・」

唸っているだけだが、ノーマンにはその感情がわかるのだろう。「大丈夫だよザジ」と声をかけます。

「これでいい」

戦力が無い、自治を認めろ、農園設備は渡す。

これらは全て相手に同盟を結ばせるための嘘でした。

『あの鬼達はあくまで駒』

食用児と鬼がぶつかれば戦争になるし、被害も大きく出てしまうので、鬼には鬼で対抗してもらおうと思っている。

そして、共倒れさせるまでが目的でした。

そのための駒の一つがギーラン家だと。

勿論、ギーラン卿のほうも腹のそこでは違う思惑がありました。

現王政の打破は悲願。

そのためにこの同盟を利用する。

でも、食用児も生かしておく気もない。

ギーラン卿も気づいていました。w・ミネルヴァはだいぶ前に亡くなっていて、今目の前に現われた彼は随分と若いこと。

数年前にあったGFの脱走。特上3人が発見されていない。

首を見せない交渉相手に、割と濃厚にその線で疑っています。

『もしもそうなら、このw・ミネルヴァは王も食えない●●の御膳。』

ギーラン卿は特別なご馳走であるノーマンの脳も狙っていました。

もちろん、ノーマンがそのことに気づいていないわけもなく。

「彼も嘘吐き」とわかっています。

ノーマン達を利用し、復讐を遂げたら真っ先にノーマンを殺して食べるだろうと。

『互いに手を組むのは表面だけ。肚の底では互いに相手の寝首を狙っている』

「せいぜい僕を食い殺す夢でも見ておくがいい。」

「最後に笑うのは食用児(ぼくたち)だ」

フクロウを肩に載せ、同じように目を光らせているノーマンの言葉で第125話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

同盟相手・・・全く知らない筋からの登場でしたね。

ギーラン卿。かなり気持ちの悪い容姿でしたが、かなり野良化が進んでいるのでしょうか。

ノーマンのことを見破っていたことも思うとそこまで馬鹿ではない相手だし、上手く掌で転がせれば良いですが・・・

彼を堕としめた犯人も、その動機もきになりますね。

意趣返し。目的は同じと見せかけて信用させるのはさすが。

まだムジカとソンジュの存在がキーポイントになりそうな線は生きてますね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド125話感想

新たな鬼キャラ出現に驚いた125話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年14号の掲載順をご紹介

14号はこのような掲載順になっていました。

上から

・最後の西遊記(新連載巻頭カラー)
・鬼滅の刃
・僕のヒーローアカデミア
・約束のネバーランド(センターカラー)
・ハイキュー!!
・ブラッククローバー
・Dr.STONE
・アクタージュ
・呪術廻戦(センターカラー)
・ぼくたちは勉強ができない
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・思春期ルネサンス!ダビデ君(センターカラー)
・チェンソーマン
・食戟のソーマ
・獄丁ヒグマ
・ne0;lation-ネオレイション-
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、19作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番はセンターカラーで4番目です。

ここ5週の掲載順番は『4番、2番、6番、7番、8番(最新号から)』ですので、平均は変わらず5番です。

コミックス13巻が2019年3月4日(月)発売となりました。

13巻は107話「反吐が出る」から115話「ジンとハヤト」までの9話分収録です。

ミニ画集「ESCAPE」~脱獄篇イラストブック~がついている特装版は掲載カラーイラストが30点以上のプレミアムな画集です。

その他に作者さんやアニメスタッフ、声優さんのインタビューも掲載した、全64Pのボリューム!

特装版は通常版よりも手に入りにくくなっていますので、気になる方はお早めにゲットをおすすめします。

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

現在9話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

視聴者さんの感想もピックアップ!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

コミックスは特装版が良さそうですね・・・!!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

ノーマンがエマ達に見せない顔全開でしたね。

全開の話が今回の取り引きの場面が引き立つ125話でした。

理知的で正確で狡猾で、本当にリーダーに相応しい存在に成長しているノーマンですが、エマとの対比を思うと心配しか無い・・・

昔の3人でいられたのはあの再会の日だけだったりしないか、少々心配になります。

ギーラン卿がただのモブというかカマセ犬で終わるか、何かトラブルを引き起こしてくれるかどうとでも動かせるキャラなのでこれからが楽しみですね。

しかし気持ちが悪い見た目ですね・・・

タイトル通り、そのままの125話。

次週はエマ達のターンでしょうか?気になる所です。

スポンサーリンク