約束のネバーランド127話ネタバレ考察と感想「対立」(15巻収録)

約束のネバーランド第127話「対立」(2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ16号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第126話「鼎談」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド127話「対立」ネタバレと伏線考察

-700年前-

朽ち果てた村、飢餓にやられて今にも絶滅しそうな鬼の村。

ここの住人達はまともに人間の肉が食べられなくて2年はたっていた。

隣村は野良鬼に退化して全滅した。ここの彼らも時間の問題と思えた。

「大丈夫。もう大丈夫よ」

そんな時に現われた、救世主。

限りなくヒトに近い姿の、ムジカに似た姿、格好の鬼達が手をさしのべてきたのでした。

ー現在・ノーマンの部屋の3人ー

「”邪血の少女?”」

蒼白になり、立ち上がったノーマンに、エマは問いかけます。

まだ生きていたのかといったノーマンの言葉に、知っていたのかと事情を聞きます。

ノーマン曰く、邪血の少女とは「人を食べなくても人型(そ)の形質と知能を保てる超特異個体」でした。

生存不明で出身不明。

記録上初めて存在が確認されたのは700年前。農園システムが確立する前でした。

「彼女は初め、飢餓の村に現れた救世主だった」

伝え聞いた話を続けてくれます。

「彼女はわずかな血のみでその力を他者に伝染させることができた」

「ただひと口、彼女の血をたったひと口飲むだけでその鬼は彼女と同じ体質を手にできたんだ」

ムジカの血を分け与えてもらったその周辺の集落は、飢えを脱し絶滅を免れたことで、その力の存在が王侯貴族の耳に入ることに。

そして、その力を持つものを根絶やしにした。自分たちが食べることで。

「しかしそうか・・・記録ではその時に彼女も食べられ死んだとあったけれど・・・逃げ延びて生きていたのか・・・」

口元を押さえ、ノーマンは険しい顔で言います。

そして今も、ラートリー家や王家・五摂家に追われているんだろうとも推測します。

「・・・・・・・・・」

レイも、ソンジュが弟妹に旅をする理由を聞かれ、「・・・さあ、なんでかな」とはぐらかしていたことを思い出します。

そうなるとソンジュは、ムジカの血で退化を免れた鬼の生き残りということになる。

「あと、今王家とその五つの貴族も、ムジカ達同様”例外”ってわけなんだな」

「その通り」

レイの言葉を肯定し、ギーラン家もそれを知っていて、王家五摂家を食べたがっていると付け加える。

「だからこそ、ギーランを王・貴族にぶつけて一掃するんだ」

それが、ノーマンが言っていた”もう一つの事情”だとレイは理解します。

そのため、王家五摂家は例外だから、食料を断って退化させるのではなく直接始末する予定だった。

だから、作戦上に一切支障は無いのだそう。

「それよりも危ないのはーーーー」

「ねえ、待って!」

ノーマンの言葉を遮って、エマは王家五摂家がなんでムジカの仲間を食べたのか、理解出来ないことを訴えます。

ムジカの力があれば、鬼は人を食べず飢えずに暮らせるのに、排除する理由が分からないエマ。

「その血を上手く使っていれば、今だって退化に悩む鬼なんかいないはず。人を食べる必要だって・・・なくなるのにーーーーー」

「邪魔だったから」

レイ曰く

自分たちが思うように支配する世界を作るためには、邪血の少女の力は邪魔だった。

そのため、王侯貴族はその力を持つ物全てを捕らえて食い殺した。

自分たち、王侯貴族はその力を手にし、他の物には当たらないように。意図的に。

農園のシステムで、人肉を支配階級の者達が好きに与えたり奪えたりする権利があれば、格差も作りやすいから。

「だから捕らえて殺して独占した。そういうことじゃね?」

ノーマンは頷き、信じられないと言わんばかりにエマは歯を食いしばります。

「何なら王達(やつら)、そもそもそういう己の損得の都合でも”約束”を結んでいたのかも。人間(ヒト)との不戦どうこうって以上に、自分たちで人肉を管理・統制できる社会の方が色々都合が良いってさ」

「そんな・・・」

「エマ。別に驚くことじゃない」

レイの考察に驚くエマにノーマンは言います。

皆とは言わないが私利私欲で動いている。これが世界だと。

「みんながみんな、エマみたいに優しい気持ちで考えるわけじゃないんだよ」

きっぱりと切り捨てられるように諭されたその言葉に、エマは目を見開きます。

「それよりも警戒すべきは、その”ソンジュ”と”ムジカ”」

ノーマンは、王侯貴族に追われているだろう彼らは市井の鬼には近づけてはいないだろうが、

退化した鬼を人型に戻す力も持っていると言います。

そして、ラートリー家に先に捕まっても不都合だし、
食用児の反乱を知りどう動くか、極めて不確定な危険要素でしかないとも。

だから。

「探し出して殺さないと」

どこか焦点の合わない視線で、断言するノーマンに、エマもレイも一瞬、止まります。

「待って!ソンジュとムジカは大丈夫だよ!友達なの恩人なの!殺すなんてやだ!!」

「エマ?でも彼らも鬼なんだよ?」

理解出来ない、と言わんばかりのノーマン。

「僕らが鬼を滅ぼすのを黙って見ていると思う?許せると思う?」

「じゃあ絶滅させなければいい!!」

エマはノーマンにその相談をしにきたと言います。

「鬼を滅ぼしたくない」と。その本心を告げます。

ムジカの力があれば、いや、探さなくても王や貴族の血があれば、人を食べなくてもいい体にできる。

今の王族と貴族だけを権力の座から降ろせばそれで解決ーーーー

そう訴えるエマに、「だめなんだよ」と反論するノーマンです。

「必要が無くても、食べたければ襲ってくる」

「この700年の王・貴族がまさにそうだし、ギーラン達だってそう。そもそも人間だってそうじゃないか」

「大好きなごはんに「私を食べるな」と言われて「はいわかった」と我慢できる?」

「エマはできるかもしれないけど弟妹達に同じ我慢を強いられる?」

「全ての鬼が食料(ぼくら)に情けをかけて食欲を抑えられると思う?」

ノーマンは、完膚なきほどの正論を畳みかけてきます。

「食料(ぼくら)なんかに」

その目の奥はどこか虚ろで、冷徹で。

「じゃあ人間の世界へ逃げようよ!」

エマも負けずに反論します。

「”七つの壁”を越えて”約束”を結び直して、鬼が追ってこられないようにしてから人間の世界に逃げればいい」

「鬼から人間は奪うけど、絶滅させるよりずっといい!」

「人間の世界が安全で受け入れてもらえるかもわからないのに?」

「!」

ノーマンの言葉はどこまでも現実を見据えていて正論。

「エマ、何もかも選びとれるほど世界は甘くないんだよ」

「断言する。鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はない」

エマの私情が物を言う理想論をド正論でねじ伏せたノーマンで、第127話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

“邪血の少女”・・・人間との混血じゃなかったですね。

ソンジュの人間を食べたいけど食べる必要は無い理由も判明したし、スッキリ感はあります。

全開共食い、と思うとけっこうおぞましいものがあるとかかきましたが、考えてみれば当たり前の文化でしたね。鬼は。

(野良鬼然り、ノウス然り)

GPではノウスが死したノウマを食ったから悲しみを癒やすための妄想の声ではなく、一つになって実際ノウスのなかでノウマがはなしていたんだなと納得出来たし。

もう一つの事情は今週であっさりわかりましたね。

しかし、ノーマンの表情が気になります。

昔と変わってしまった。鬼の話をする時は、シスロやバーバラと同じ表情になる。

それだけ鬼に対する憎しみが深いということなんでしょうか。

ノーマンもΛ出身だということを現しているのか。

鬼のことを話す時の表情と、仲間に対する表情の違い、エマ達に見せていた顔とボスとしての顔の違いの振り幅が大きすぎて、どれが本当のノーマンなのかなと混乱してきますね。

(お約束のネバーランドで描かれているちょっとアレでサイコなノーマンの姿は、あながちドフィクションではないのかもと思わせてくれます・・・)

今まで持っていた甘さを捨て去るくらいの道を歩んできたのだとは想像出来ます。

レイもノーマンの考えには反論の余地もなさそうですし、エマが甘々すぎて間違っているようにも感じさせる表現でしたが、多分どちらも悪くない。

次回どうやって切り返すのでしょう。

GF時代にはエマの考えに折れてくれたノーマンでしたが、「嫌なものは嫌」が通じなさそうですよね。

エマも譲れない、ノーマンも譲れない。

辿ってきた道も違うから、見据える未来も違う。

多分、食用児から見たらどっちも悪くない。

ただ、方法が違うだけ。

互いに譲れなかったら、エマはノーマンと袂を分かつ日が来るのでしょうか。

弟妹達は残して、エマとレイだけでも。

そうでなければ七つの壁やムジカ、●●(表記が鬼語の偉い人)のことも回収出来ないで終わっちゃいますもんね。

変わってしまったノーマン、と違和感を感じさせる描き方をされているので、その道もなくはなさそう。

さて、どうなるでしょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランド127話感想

ノーマンがド正論過ぎてどうしような127話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年16号の掲載順をご紹介

16号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ブラッククローバー(巻頭カラー)
・ONE PIECE
・僕のヒーローアカデミア
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・神緒ゆいは髪を結い(センターカラー)
・約束のネバーランド
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・最後の西遊記
・Dr.STONE(センターカラー)
・呪術廻戦
・ハイキュー!!
・チェンソーマン
・思春期ルネサンス!ダビデ君
・アクタージュ(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・ne0;lation-ネオレイション-
・獄丁ヒグマ
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は7番目です。

ここ5週の掲載順番は『7番、4番、4番、2番、6番(最新号から)』ですので、平均は変わらず4番です。

コミックス13巻が2019年3月4日(月)発売となりました。

13巻は107話「反吐が出る」から115話「ジンとハヤト」までの9話分収録です。

ミニ画集「ESCAPE」~脱獄篇イラストブック~がついている特装版は掲載カラーイラストが30点以上のプレミアムな画集です。

その他に作者さんやアニメスタッフ、声優さんのインタビューも掲載した、全64Pのボリューム!

特装版は通常版よりも手に入りにくくなっていますので、気になる方はお早めにゲットをおすすめします。

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

現在11話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

視聴者さんの感想もピックアップ!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

これは、アニメを見逃した方は試してみるといいのではないでしょうか!すごい太っ腹・・・!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

やっぱり・・・わかり合えない感じなのでしょうかねぇ。

この調子だとエマはノーマンの元を出ちゃいそうだが、頭の良すぎるノーマンですし、エマのその気配を感じて危険分子と見なして軟禁、とかそんな展開になってしまうんじゃないかとも思えます・・・そしてそこからも脱走!?とか。妄想は進みますね。

ノーマンの考えが正論なんですよね。返す言葉もないくらいの。

でもそう言うのをひっくり返してきたエマ。ここ数週息を潜めていた感じなので、主役はこんな腐って終わらないでしょうし、今回もどんな予想外のことをしてくれるのか、色々考えがめぐって楽しいですね。

でも、せっかく再開出来たのに、仲違いして終わるということだけは無いと良いなと思います。

最終的には和解!でも道筋は別。なのでしょうか。

128話も見逃し厳禁ですね!

スポンサーリンク