約束のネバーランド136話ネタバレ考察と感想「迷路」(16巻収録予定)

約束のネバーランド第136話「迷路」(2019年6月3日発売の週刊少年ジャンプ27号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第135話「捜索」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド136話「迷路」ネタバレと伏線考察

-アジト・ノーマンの書斎-

-そのころのエマとレイ-

「あそぼ」

の声に導かれ、相変わらず無茶苦茶な世界を矢印通りに行ったり来たりで、それはまるで迷路に迷い込んだかのようでした。

ガチャッ。

二人が明けたドアの先には、またもやモニター室が現れます。

「またここ…」

「これで何度目だ……」

と言いつつも二人は数を数えていて、通算154回目のモニター室で、うち32回は矢印付きだった。

同じ場所に何度も出る。

でも、部屋はそれぞれ少しずつ違う。

つながる部屋は毎度でたらめで、法則性はない。

同じ条件・道筋でたどっても別の出口にでる。

それは、シェルターだったり、GPの町だったり。

全く解決の糸口が見えてこない展開に、レイは舌打ちする。

滅茶滅茶なのは空間だけではなく、時間も、物理法則すら不安定で、くるっているのだ。

「くそっ、何なんだここは」

「ねぇ、こんなことができる○○って、そもそも一体何なんだろう」

「知るかよ!!」

(だいぶ参ってるなあ)

お手上げといわんばかりに頭を抱えるレイに、げんなりしつつもどこかのんきなエマの質問にレイは声を荒げます。

と言いながらも見つけた缶詰を開けて、エマに手渡すレイ。

「ただ、だいぶわかってきた。”七つの壁”の正体…」

二人は話しながら食事タイムに入ります。

ミネルヴァさんのペンにあった伝承をそのまま読み解くと、『全部同じ距離なら元の位置に戻ってくる』といったもの。

ノーマンも。『七つの壁…そんな場所どこにもない』といっていた。

「多分、そういうんじゃない…」

「『彼と我らを隔つもの』…この迷路(場所)、ここまでで○○(ヤツ)が自在に超越してきて俺たちが越えられていないものって何だ」

「・・・空間と…時間?」

「ああ」

エマの答えを肯定し、そのまま続けるレイ。

曰く。
寺で見たマークもヒントだった。

立方体と砂時計を組み合わせた紋章みたいなものが、タペストリーなどに装飾してあった。

「東西南北天地」で6面キューブになり、空間になる。

「砂の間で矢が止まり」は時間の静止。同じく伝承の後半は時間をさしている。

「”前後左右上下”6面の器枠+”時間” 計7つの要素」

「それは世界を規定する”物理的限界(かべ)”だ」

「”時空”っていく物理的限界。それこそが多分“七つの壁”の正体なんだよ」

「…でも、それじゃ「壁は現れる」って?何がどう現れるんだろう」

レイの仮定に、エマは疑問を投げかける。

レイの仮定を前提に、七つの壁が時空なら、七つの壁を超えるのは時空を超えるということになる。

この迷路を抜けるのは“時空”を越えなければならないということ。

その方法がさっぱりわからなくて、二人は困っていました。

「『砂の間で矢が止まり、日が東へ沈むとき』これは多分時間を止めて巻き戻すってことを表してる」

「でも時間の静止や逆行なんて人間にできるわけねぇし。できたとて現れた“壁”をどうこえるかもわかんねぇ」

「“七つの壁”が何か見当はついた。でも益々、どうすりゃいいのかサッパリだ…」

レイのぼやきにエマも考えます。

『確かにどうすれば…』

『この迷路の脱出法…どうすれば“七つの壁”を超えて○○の元へ辿り着ける?』

早くしないと、ノーマンの計画阻止に間に合わない。

そのリミットにも焦りを感じるレイ。

この迷路に迷うほど、時間の感覚も自分自身も、夢か現かも見失いそうになる危険の上に二人はいました。

終わりがない迷路に、頭がおかしくなりそうだとお手上げ寸前のレイでしたが、ここで転機が訪れます。

ようやく、今までとは感じの違う部屋にあたりました。

ドアを開けても、どこもレンガの壁で行き止まり。そして、目についた窓を開けてみると…

「砂漠…」

そこに広がっていたのはタンスや机、風車などが無造作に置かれた砂漠。

砂嵐がおき、太陽もある。どこか不思議な空間だ。

「やっと見たことねぇ場所に出た」

「ここ、砂も太陽もあるよね…」

「“時間を止めて巻き戻す”…」

エマはここでそれができればと口にします。

「ここで片が付く…?」

レイもそう言いつつも、どうやってやるのかがまだ見当もつかないでいました。

「とりあえずあの砂嵐に矢を射ってみよう」

目についた二本の砂嵐のあいだに、太陽がありました。

ダメもとで何でもやってみようと二人は意見を合わせ、エマは弓を握ったその時。

「うわっ」

突如エマの時間が巻き戻っていく。

みるみるうちに幼児に、そして赤子になり、ようやく止まる。

「おい!しっかりしろ!」

レイは赤子になったエマを抱きかかえ、いったんさっきの部屋に戻ろうとします。

すると。

パキッ。バササササ…

眠るエマの頬にジグソーパズルのような模様が浮かび上がります。

それが小さく音を立て、エマは細かいジグソーパズルのピースに代わり、あっという間に砂漠の空間に散っていきました。

その一瞬の出来事にあっけにとられたレイは、絶望します。

探しても見つからないエマのかけら。

『探しても探しても見つからない…』

蒼白になるレイは、とうとう膝をつく。

『ああ…もう…俺は』

思考が絶望に染まったころ、一気にレイの風貌がしわしわに老けてしまいました。

『!?』

自分の手のひらを見て、しわがれた別人のような手に言葉も出ません。

そうして、あたりに現れたのは実体のない、幽霊のような何か。

そこら辺中から、湧き出てくるといった表現で現れました。

そこで、レイは悟ります。

『そうだ。6つの天井絵…最後の“昼と夜”の絵。そこに鬼はいなかった。それまで描かれていた鬼が…』

『辿り着けなかったんだ…だれも』

『みんな迷路(ここ)で迷って、自分を見失って朽ちて…』

現れた霊体のような何かは、様々な鬼の姿に変化する。

『あんた達も――――成れの果て』

自分と同じ存在だったのだと理解する。

「俺は誰だ」

精魂尽き、け躓いたまま、その場で倒れ伏すレイは、薄れゆく自我の中で、エマとノーマンを思います。

レイも、その“成れの果て”になりかけていたその時…

「レーーーーーーイ!!」

バン!!と勢いよくレイの目の前のタンスが開き、幼児姿のエマが飛び込んできました。

「私、わかったかもしんない!!」

絶望に朽ちそうになっていたレイが、エマの声に反応したところで、第136話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

134話は、エマが現れる前の描写だったんですね。

レイが「(消えたエマを)探したけどみつからない」ときだった。

気力が尽きたら一気に老けたのね。風車の数だけ“成れの果て”がいるのかな。

風を受けて回るけど。その場から動けないでただ回り続ける風車は、それを表しているのかなと。

あの伝承も風車のことみたいだなぁと思ってみたり。

関係あるかの根拠はないのですが…

前にもエマは大人に変わることなく、時間を逆行していたから今回の状況も予想できたのかもしれないですが、法則はわからない…

ジジジッ…と電子音をさせているので、迷い込んだのが電脳空間みたいなところならば、時間を巻き戻したりも容易な感じもしますよね。

あまりに滅茶苦茶だからいろいろな考え方ができますが、果たしてどんな感じなのでしょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランド136話感想

益々謎が深まる136話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年27号の掲載順をご紹介

27号はこのような掲載順になっていました。

上から

・トーキョー忍スクワッド(新連載巻頭カラー)
・鬼滅の刃
・ONE PIECE
・約束のネバーランド(センターカラー)
・サムライ8
・ブラッククローバー
・Dr.STONE
・僕のヒーローアカデミア
・ビーストチルドレン(センターカラー)
・ぼくたちは勉強ができない
・呪術廻戦
・ふたりの太星
・ハイキュー!!
・アクタージュ
・ゆらぎ荘の幽奈さん(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・チェンソーマン
・食戟のソーマ
・神緒ゆいは髪を結い
・最後の西遊記

作者コメント欄

で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は4番目です。

今週は、まさかのカラーが2パターン!表紙と見開きの…休載中にもしっかりお仕事だったのですね。出水先生は。

6月の梅雨時期にちなんだ雨傘のカラー絵がとても素敵でした。

ここ5週の掲載順番は『4番、7番、休載、3番、2番(最新号から)』ですので、平均は一つ下がり4番です。

順位だけで言うともう少しで名実ともにジャンプのトップになれる日も遠くないかもしれません。

コミックス14巻が2019年6月4日(火)発売になりました。

14巻のサブタイトルは『邂逅』。116話「檻への侵入1」から124話「聞かせろよ」までの9話分収録です。

本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。

ザジの秘密がここで明らかに…!?

14巻巻末ですでに15巻の発売日も決定しているようで、

約束のネバーランドコミックス15巻は2019年8月2日(金)発売予定です!!

そして。

ジャンプ+(たまに本誌)で不定期好評連載中の公式スピンオフ
公式スピンオフの『お約束のネバーランド』もコミックス1巻が同時発売です。

イザベラが、ノーマンが、とても別人!ですがギャグ漫画としてとても面白い。
ゆるゆるなお約束の世界が好きな方はオススメですよ~。

「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね!

2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。

アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。

公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

色んな銘柄がありますよね。確かに明治おいしい牛乳はすっきりして飲みやすいですね!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

迷路に迷って突破口が見えたかな?の136話。

sf・ファンタジー色がとても強くなってきました。どのように7つの壁を超えるのかきになるところですね。

レイがしっかり自我を取り戻してくれることを祈りながら、第137話をまちましょうか。

スポンサーリンク