約束のネバーランド138話ネタバレ考察と感想「鬼探し1」(16巻収録)

約束のネバーランド第138話「鬼探し1」(2019年6月17日発売の週刊少年ジャンプ29号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第137話「変換」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド138話「鬼探し1」ネタバレと伏線考察

―アジト内ヴィンセントの部屋ー

メモを見ながら、ビーカーにスポイトで何らかの液体を調合しているヴィンセント。

部屋に置かれたものから、実験室か何かのていをしている。

「出来たのか?ソレ」

「ああ」

シスロはその答えに、どこか浮かない表情で聞いていた。

ボスは天才で完璧だと褒めたたえるヴィンセントに、シスロは思うところがあるようです。

「なぁ…これでいいんだよな」

「?」

「いや…何でもねぇ忘れてくれ」

「邪血見つかるかな」

「見つかるさ。ボスはあのギーランだって見つけ出したのだ」

話を変えたシスロに、ヴィンセントは即答する。

作った薬らしきものを実験用のネズミに与えている。

「殺せるかな」

「殺すさ」

「それもただボスを信じればいい」

ヴィンセントに投薬された一つ目のネズミは瞬く間に黒い何かに変貌する。

「成功だ」

「全てはボスの計画通り。王都も邪血も何も心配はいらないんだ」

盲信するヴィンセントは一つ目のネズミの成れの果てを見て、にっと笑った。

―そのころのドン・ギルダ達―

アイシェの犬の先導で、ムジカ達の足取りを捜して追いかける。

鬼がいないはずの裏ルートで鬼の痕跡を見つける。

ノーマンのマップと、アイシェと犬たちによる捜索で些細な痕跡もどんどん見つけていくが、ムジカ達のものはまだ見つかっていなかった。

「すごいですね!お二人とも!!物知りっていうかさすがです!かっこいいです!」

ぴかーっとした、わんこのようなキラキラ笑顔で尊敬を表すハヤトに、ドンもギルダも「すごいのはアイシェと犬たち」だと返します。

ドンやギルダでは見逃してしまう小さな手がかりも拾ってきてくれる。

それでいて、アイシェは仲間内でも髄一の銃の名手なんだそう。

五感に優れていて、ノーマンが救出してから銃の腕もめきめき上げていき、百発百中の名手になった。

まるでユウゴのようだとドンとギルダは驚きます。

ドンの背後に音もなく忍び寄った毒グモを投げナイフで仕留めたり、アイシェは護衛としても探索としても、刺客としても完ぺきな同伴者だと二人は警戒します。

何とか打ち解けようと思うが、アイシェは人の言葉は話さず、鬼語で犬たちとしか話さない。

何を考えているのか打ち解けたいと思い、フレンドリー作戦を試みてみたりするがアイシェには届かない。

そうして一日が経って、野宿し朝を迎えた時。

野良鬼の痕跡ばかりを見つけていて、この足跡の主が近くにいるのではないかとギルダは推測します。

それも危ないが、このままいくと鬼の町にも出てしまうので来た道を引き返そうとドンが提案したそんな時。

アイシェと犬は何かに感づきます。

「しかし、あれですね。鬼から逃げなきゃいけないのに鬼を捜すって大変ですね」

のんきに世間話をするハヤトの真後ろに、気に擬態した野良鬼が口を開けて待っていました。

「ハヤト!!」

「え?」

気が付いていないハヤトに声をかけるギルダに、狙撃の準備をするアイシェ。

ギャーっつ!と気が付いたハヤトは逃げ、アイシェが銃を撃つ前にドンは野良鬼目掛けて石を投げ、野良鬼の意識を自分に向けました。

手笛を吹き野良鬼をドンがおとりになってひきつけているすきに、ギルダは皆を先導して無事に野良鬼から逃げることに成功します。

「ありがとうございます!てかドンさんよくご無事で!!」

危ない目にあってまで自分を助けたドンに、ハヤトは涙ながらに抱き着いて感謝します。

殺してしまえば早いのにそれをしないドンに疑問を投げかけるハヤト。

ドンは人間の痕跡を残したくない、できるだけ銃弾は温存しておきたいといいながら

「殺さずに済むならそれが一番いいかなって」

そう言いながら頭をかきながら笑った。

ーその夜ー

野宿をすることにした一行。ハヤトは薪を集めに行くと席を外し、少し離れたところでアイシェ達は休んでいる。

2人になったチャンスでギルダはドンに向き合います。

「ねぇドン、昼間のアレ気づいた?」

「え」

「あの足跡…似てた。そっくりだった…!」

野良鬼の足跡の横にあった、馬らしきものの足跡。

「ソンジュとムジカと一緒にいたーーーー?」

ドンもその存在に気が付きます。

「まさかこんなにも早く…手がかりが…?」

「いやまだわからないわ違う馬かも…」

「でもーーーーー」

「どうするこれがマジでムジカ達だったらーーーー」

『じき出会う。殺させない。そのために私達がすべきこと』

「そう…ドンだからーーーーーー」

アイシェからは聞こえないだろう距離で話をしている二人だった、が。

密談をしていた二人は、いつの間にか近くにアイシェが来ていたことにここで気が付きます。

しまった!と言わんばかりの顔でアイシェを見る二人だったが…

「なるほどあんた達…邪血を逃がすつもりか」

アイシェは二人の会話を聞き、理解していたようで、人語で話しかけてきたところで第138話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

冒頭のシスロが迷ってるのには意外だった。エマ達と話して思うところが出てきたのでしょうか。

アイシェの存在がキーポイントになりそう。

鬼に飼われていたから鬼語しか話せない、と思いきや人語も理解していた。

ドンやギルダの前で人語で話しかけてきたのは警戒を緩めたからなのかもしれないですよね。

仲間の中では人語を離さなかったのは理由があるだろうが、コミュニケーションをとりたくなかったと考えたら自然ですね。

一匹狼タイプ?とか。

五感が優れているのだから、少し遠くで話していたドンギルダの会話は筒抜けなのも理解できる。

というか、今までの会話全部聞こえていたということですよね。
人語を理解しているとは思っていないから多少は彼女に警戒せずに話している節もあったかもしれないし。

ドンが「鬼を殺さないで済むなら一番いい」そういった優しい心意気なのもなにげに好印象だったとか。

鬼に飼われていたからって、鬼にひどいことをされていたというわけでもないかもしれないし

鬼語を理解できる、教えてもらえる環境だったのかもしれないし。

少なくともドンやギルダに敵対している雰囲気ではなさそうかな?と推測します。

どんなもんでしょうか。

スポンサーリンク

約束のネバーランド138話感想

アイシェが喋れた138話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年29号の掲載順をご紹介

29号はこのような掲載順になっていました。

上から

・鬼滅の刃(巻頭カラー)
・サムライ8
・チェンソーマン
・アクタージュ
・ブラッククローバー
・約束のネバーランド(センターカラー)
・トーキョー忍スクワッド
・ハイキュー!!
・呪術廻戦(センターカラー)
・ふたりの太星
・僕のヒーローアカデミア
・食戟のソーマ(最終回センターカラー)
・Dr.STONE
・ビーストチルドレン
・キン肉マン(読み切りセンターカラー)
・ぼくたちは勉強ができない
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・最後の西遊記
・神緒ゆいは髪を結い

作者コメント欄

で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。

ここ5週の掲載順番は『6番、2番、4番、7番、休載(最新号から)』ですので、平均は変わらず4番です。

順位だけで言うともう少しで名実ともにジャンプのトップになれる日も遠くないかもしれません。

コミックス14巻が2019年6月4日(火)発売になりました。

14巻のサブタイトルは『邂逅』。116話「檻への侵入1」から124話「聞かせろよ」までの9話分収録です。

本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。

ザジの秘密がここで明らかに…!?

14巻巻末にありましたが、すでに15巻の発売日も決定しているようで、

約束のネバーランドコミックス15巻は2019年8月2日(金)発売予定です!!

そして。

ジャンプ+(たまに本誌)で不定期好評連載中の公式スピンオフ
公式スピンオフの『お約束のネバーランド』もコミックス1巻が本編14巻と同時発売です。

イザベラが、ノーマンが、とても別人!ですがギャグ漫画としてとても面白い。
変態サイコパスなノーマンや、ブサカワ(?)ポンコツイザベラも癖になる…

ゆるゆるなお約束の世界が好きな方はオススメですよ~。

「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね!

2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。

アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。

公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

海外でも大人気なんですね。めでたい!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

怪しげな薬を完成させたヴィンセント。これが王都の戦いの切り札になるのでしょうか。

アイシェがガチの刺客で敵かと思いきや、人語で話しかけてきたり。

ハヤトが席を外していたからだとしたら、もしかしたらドンやギルダに協力的になるのかもと期待出来ちゃいますね。

魅力的な新キャラが出てきましたが、彼女はどのように動いてくれるのか。味方だったらいいなぁと思いつつ、次話を待ちましょう。

スポンサーリンク