約束のネバーランド15話ネタバレ考察と感想「二度としないで」(2巻収録)

約束のネバーランド第15話「二度としないで」(2016年11月14日発売の週刊少年ジャンプ50号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、約束のネバーランド第14話「切り札」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド15話「二度としないで」ネタバレや伏線考察など

レイが味方になる条件は、『エマを騙す』こと。

全員を諦め、土壇場で切り離すこと。

『エマを騙すふりをして、レイを騙そう、大丈夫。僕ならできる…』
そう考えるノーマン。

でしたが、振り返れば皆がママと鬼らしきものに全滅させられて…

という悪夢にうなされ、ノーマンは目を覚ます。

日々のルーティンを送りながら、ノーマンは考え続けます。
テストの最中も、ずっと。

レイの協力を得ながらも、エマの望みを叶える方法を…

1つ間違えれば、レイにもママにもシスターにも、3方向から邪魔をされて、全員脱出は不可能で、みんなが死んでしまいます。

ドンもギルダも、みんな一生懸命にテストを受けています。

頭の中では別のことを考えながらも、ノーマンもエマもレイも、変わらず満点で、ギルダとドン、フィルも成績があがっています。

ママの底冷えをするような視線に、ドンとギルダは寒気を覚えます。

ノーマンは、レイが内通者だということを、エマがショックを受けるだろうと考え、どう明かそうか悩みます。
ですが、ノーマンの苦悩はよそに、二人の会話はすすみます。

「それで?ダミーのロープはどうだったの?「情報源」は…?」

「ああ、アレな。俺」

「お前かよ!!!」

ものすごく散らかったお顔でエマはツッコみます。

ノーマンは詳しく説明をします。

「つまり、内通者と言っても敵じゃなくて、私たちのためにずっとママの手下をやってたってこと?」
「うん…」
ノーマンはエマの言葉にうなずきます。ノーマンの説明に捕捉するように、レイが話はじめました。

「本当は、門から帰ってきたお前らに、すぐ打ち明けるつもりだったんだけど」

レイは、ママもエマ達も上手いこと制御しようとしばらく黙っていることにしていたのでした。
エマ達のミスをカバーをし、全員には裏から止めにはしるほど反対をしていた。

「でも、今は違う。バレちまったし改めて説得もされた。今度こそ「全員で逃げる」に協力するよ」
黒い笑顔のレイの言葉に、ノーマンは浮かない顔で押し黙る。

そんなレイに、エマは違和感を覚えます。

「レイは一度曲げなかったことは二度目以降も絶対曲げることないのに」
「……嘘だと思うの?」
エマの疑問に、ノーマンは少々不安げにエマを見やる。

「ううん、嬉しい。レイが改めて「全員」に力を貸してくれる。しかも今度は内側からママを騙せる情報もある。最高だよ!」」

そう喜びはしますが、一つの疑問にエマは気がついてしまいます。

レイはずっと真実を知っていて、知っていて黙って見送った、何人もの兄弟を。その事実が辛かったねと慰めますが、一つハッキリさせたかったことがあった。

その一言で、ノーマンも察してしまいます。
レイが、「実験もした。何年もかけて壊し方を突き止めた」と言っていたことを思い出しながら。

「その子…いや、その子達はどうなったの?出荷時期早まったりしてないよね?私達のために誰か犠牲にしてないよね?」

レイが言葉を発するより早く、エマはそれを遮ります。

「いや、いいよありがとう。そのおかげで今、皆で逃げられる―――――でも」

レイの手を握るエマの力が強く、強く。握りしめていました。そこに彼女の怒りが表れています。
でも、それを必死に押さえていました。

それは、怒りを我慢できたのは、ずっと一人で闘ってきたレイの気持ちも考えられるからでした。

そんなレイに、ノーマンはある質問をします。

「ねえ、レイ。レイはいつどうやって『秘密』を知ったの?この6年どんな思いで……」

レイとノーマンの密談を遮るように、エマが「ハウスに戻ったら二人に報告がある」と声かけます。

敵の策を読むにはまず敵を知ること、そう思いギルダとエマはママを改めて観察してみました。
そうするとわかったことが一つありました。

ママは、毎晩八時前に消える。このハウスのどこにも居なくなるということ。

「結論から言うと」

脱獄決行まで後8日…そしてママはどこに消えたのか、謎を残して15話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

約束のネバーランド15話感想

ノーマンがあんな悪夢を見るくらいとても追い詰められていて辛い…

エマに背負わせようとしないのも男らしいです。あっさりレイにばらされてしまいますけどね。

エマ…よく耐えた!あそこでレイに怒りをぶつけないのはよかったです。

何度もレイからの『全員で逃げる』を聞く度に、黒い雰囲気で嘘なんだよな…とありありとわかるのは素晴らしい画力ですよね。

レイの気持ちもわかるし、エマの思いもわかります…板挟みのノーマンの苦悩がやるせないです。

ママはどこに消えたのか?エマやギルダも独自に動き始めていて、すべてがノーマン頼りでないのが好感を持てます。
徐々にすすむ脱獄計画にワクワクしますね。

スポンサーリンク

まとめ

レイのあっさりネタばらし回でしたね。そして、盛大なるエマのギャグ顔…

ノーマンの悪夢や気のつかいかたで、相当重圧に追い詰められているのかなと察しられます。

それでも、表には見せずに完璧に計画を遂行していく天才はママに勝てるのか。

しっかりレイの条件も、エマの望みも叶えられるようにすすめていくのかが楽しみです。

約束のネバーランド16話「秘密の部屋とW・ミネルヴァ1」ネタバレ考察と感想はこちら

スポンサーリンク