約束のネバーランド152話ネタバレ考察と感想「刻限」(17巻収録予定)

約束のネバーランド第152話「刻限」(2019年9月30日発売の週刊少年ジャンプ44号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第151話「勝つのは」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド152話「刻限」ネタバレと伏線考察

ノーマン達が開発していた毒薬は、『強制的に退化を促す薬』

でも、ラニ達に密偵させた結果、多量生産には至ってないとレイは推測します。

その使用目的は城下の鬼達を混乱させる事。ならば、その少量の毒を最大限有効に使えるとしたら…

中央広場に撒くことだろう。

そう推測していたドン・ギルダに、ソンジュはあっさり簡単だと答えを出しました。

そうして、その読みは当たり…

ギルダ達一行は中央広場での惨劇を目の当たりにしているのでした。

「予想が当たったみたいだ。今のところほかの場所ではこうなっていない」

「ありがとう」

様子を見に行ってくれたアイシェが人語でギルダと話している様子に、ハヤトは驚きます。

アイシェ曰く、退化している鬼はどんどん増えているので、時間がたつほどどうにもできなくなると言います。

それを食い止めるべく、ムジカ含めた一行は動き始めます。

―そのころの城内―

『くたばれ、化物!!』

ザジの振り被った大剣は女王に避けられてしまいましたが、やはり彼女はその武器を十分に扱うことができず、動きを背後から来たシスロに封じられます。

「行け!ザジ!!」

シスロの声に、ザジは女王の頭部目掛けて剣をふるう。

そして、渾身の一撃は女王の顔面にヒットし、顔面を横に両断することに成功します。

その際核である目玉は直撃を免れたため、女王は虫の息ですがまだ存命です。

―女王の走馬灯―

『一番でいたい。』

『誰よりも強く。誰よりも美しく。誰よりも高みに君臨する。』

『我は王の子。』

『誰よりも美味い人肉が食べたい』

そうは願っても、一番いい肉は???が食べる『約束』になっている。

レグラヴァリマは自らの手で父王を殺し、その脳を食らって女王の座に就いた。

親兄弟も糧にして、王になったが、最上級の肉を食べる、それだけが彼女の意のままにならなかった。

そんな中、農園設立以来の天才…ノーマンが現れたことを報告された。

イヴェルク卿の報告に、女王は王座から立ち上がって確認までした。

ー現在に戻り…ー

「初めまして。女王陛下」

身体は動かず、目玉だけが転がる女王の前に、ゆっくりと姿を現したのはノーマンだった。

「そうか…お前が黒幕か…22194」

全てを悟った女王は言います。目にしたノーマンの美味しそうな姿にうっとりしながら。

「私がお前をΛに送ったのだ…???に差し出したくなくて…」

『食いたい』

女王は切望した。

鬼の言葉で叫びます。

「ずっとお前を食いたかった。Λが盗難・燃え落ちたと聞いたときは怒りで我を忘れた」

「誰にも渡さぬ!! お前は私の人肉なのだ!!」

生きて目の前に現れたノーマンに、欲望丸出しで叫ぶ女王。

「お前の肉?」

「我ら誰一人もはや鬼の食料ではない」

氷点下の瞳で見下すノーマンは、同じく鬼語でそう返します。

「やれ、ザジ」

短く命じると、ザジは女王の目玉に剣を突き立て、何か話し続ける女王の言葉をきかずにその命を奪い去った。

「あとはお前達だけ」

イヴェルク卿と、女王の侍女2人がシスロ・ヴィンセント率いるΛの兵に追い詰められていった。

『イヴェルクを殺せばすべてが終わる』

王・貴族が全滅する。それは政治の壊滅を意味する。
残った庶民が生き残る道はない。

『すべてが終わるんだ』

そう思った。彼らに手をかけようとしたノーマンを、一瞬引き留めたのは幼いエマと、自分自身の姿だった。

ノーマンのマントを引き、悲しそうな顔をするエマに、ノーマン。
そんな彼らに一瞬ためらいを見せたノーマンでしたが…

ついに広間に追いついたエマやレイ達の力及ばず、ノーマンはイヴェルク卿達にも手をかけた。

もう戦わなくてもいいんだよ、そう願ったエマたちが扉を開けたその光景は、おびただしい数の鬼の死体で。

「ノーマン!!」

「残念。間に合わなかったね、エマ」

血まみれのイヴェルク卿の頭部が転がる。いたって冷静にほほ笑むノーマンに、惨事に目を見開くエマで第152話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

意外とあっさりやられていましたね。女王…

ヴィンセントのわざとらしすぎるフラグはフェイクだった模様です。

ノーマンもやはり鬼語を理解していたのですね。

と、いうことはアイシェの件もわかっていて泳がせていたということでしたね。

自分たちがしてしまったことも、些末な犠牲くらいにしか思っていなかったのか。
いや、罪悪感で押しつぶされそうだったが、目的のためには目をそらすことしかできなかった、という感じでしょうか…

指揮を下げないためにもノーマン一人の胸の中にしまったのだから、改めて彼の背負うものが重すぎることが垣間見えます。

女王は親兄弟もみな糧と言っていたが、王弟であるレウウィス大公だけは別だったのか?強すぎたから放置だったのか。

イヴェルク卿も殺したので政治機能が壊滅した…ということは、もしかしたら鬼側も約束も無効になったりするのでしょうか?

女王も斃したし、継ぐ者もなくですし。

鬼の世界が滅亡の一途しかない、というのは多分違って、そこでムジカ達が出てくるのでしょうね。
(邪血の少女たちが生存していることを多分、知らないから。(ノーマンは知っているのかもしれないが))

全て丸く収まったら庶民に厳しい悪政が倒されて、ムジカを旗柱にギーラン卿が願ったような清廉な鬼の世界が訪れるのかもなぁ、なんて予想してみたり。

どんなもんでしょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランド152話感想

エマたちがちょっと間に合わなかった152話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年44号の掲載順をご紹介

44号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ONE PIECE(巻頭カラー)
・ONE PIECE学園(スピンオフ読み切り)
・Dr.STONE
・鬼滅の刃
・約束のネバーランド
・ブラッククローバー(センターカラー)
・ブラッククローバーSD アスタくん魔法帝への道(スピンオフ読み切り)
・ぼくたちは勉強ができない
・僕のヒーローアカデミア
・ミタマセキュ霊ティ
・チェンソーマン
・ハイキュー!!(センターカラー)
・夜桜さんちの大作戦
・アクタージュ
・呪術廻戦(センターカラー)
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・サムライ8
・ふたりの太星
・神緒ゆいは髪を結い
・ビーストチルドレン
・トーキョー忍スクワッド

作者コメント欄

で、21作品になっています。
(スピンオフ作品があるのでいつもより多めです)

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は5番目です。

ここ5週の掲載順番は『5番、4番、8番、6番、9番(最新号から)』ですので、平均はかわらず6番です。

コミックス16巻が2019年10月4日(金)発売になりました。

16巻のサブタイトルは『LostBoy(ロストボーイ)』。134話「LostBoy(ロストボーイ)」から143話「抹殺」までの10話分収録です。

本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。

今回はまだ単行本未掲載分の話の裏話的な補足があったり、とても気になるコメントがあったり。
(楽しさが半減したらあれなので、自粛しますね!ぜひ確かめてみてください)

本誌で読み進めている方もあらためて楽しめる内容になってます。

「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね!

そして、同年実写映画化も決定…!
出荷の年齢が16歳に引き上げられてはいますが、実写映画の約ネバの世界はどのようになるのか、こちらも楽しみです。

2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。

アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。

公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

意外とあっさり女王たちが片付いてしまって拍子抜けな152話でした。

女王の回想はあまり肩入れできるようなものではなく、斃されても大して同情もなくでした。

ノーマンが一瞬思いとどまったのは良心の呵責みたいな感情だったのか。悲しげに見つめるエマやノーマンの姿がいたましく

それでも目的のために王・貴族を殲滅させた彼の心情をおもうとつらい。

もう鬼は絶滅させるしかないと思っているノーマン達サイドですが、エマ達にはムジカもいるしまだ手段がありそう。

ここからどのようにノーマンと真の和解をするのか、予想がつかなく気になるところです。

スポンサーリンク