約束のネバーランド21話ネタバレ考察と感想「見え透いた罠」(3巻収録)

約束のネバーランド第21話「見え透いた罠」(2017年1月7日発売の週刊少年ジャンプ6号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、約束のネバーランド第20話「共闘」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド21話「見え透いた罠」ネタバレや伏線考察など

「入って。さあ、何が知りたい?」

約束通りに夜、シスターの部屋を訪ねたエマとノーマンでした。

-回想-

「本当に行くの?」
ギルダはその提案に、相手はあのシスターだし、聞こえはいいけど罠にかけられているのではと心配します。

「大丈夫、敵の目的はわかっている。」
その会話にノーマンがそう切り込み入ります。

「信用させて証拠を掴みたい」
「そう。だから僕たちは信用しないし証拠も掴ませない。その上で欲しい情報だけ奪ってくる」
エマの正解に、ノーマンは答えを重ねます。

『それに…使えるチャンスは全て使う』

エマは、ドンとギルダを引き寄せて、何かを伝えていました。

「やつが事実を話すとは限らないぞ」
「ああ、嘘は混ぜてくるだろう。それでも聞くだけ情報は聞いておきたいし、こちらの手の内も見誤らせたい」
エマ達3人とは少し離れた所で、レイはノーマンと会話しています。

証拠に繋がる失言にさえ気をつければいい、と思って、シスターの部屋を訪ねる今に至ります。

「ほら、何でも聞いて」
「本当に何でも?」
「ええ、農園のことでも、本部のことでも……」

「『大人が子供達(ぼくたち)を殺す気持ち』でも?」

何でも話すといった体の、友好的なシスターの態度ですが、腹の探り合いは始まっていました。
ノーマンは冷ややかにそう問うてみます。

「ええ。あなた達が知りたいことは何でも」
笑顔でシスターは恭しく腰を折りながら、そう答えます。

最初の要求はエマからで、『発信器を見せて』というものです。

シスターは二つ返事で懐中時計のような発信器を差し出します。

シスター曰く、現在値だけで個人の特定は出来ないという、シンプルな物でした。

「発信器がある事は知っていたのね」
「………ええ。ママに見せられて」

「シスターは知ってる?発信器の場所と壊し方」
そう尋ねると、シスターは知ってる範囲で答えてくれました。

・発信器の場所は耳。左耳の裏あたり。
・壊し方は知らないが、壊すと発信器にも本部にも通知されること。
・取り出すには耳を切り落とすか、取り出すしかないと。

レイが言っていたとおりなので、シスターは嘘はついていないとエマは思います。

取り出すにもハウスには刃物らしいものはないから取り出すのが難しいという懸念も、
『医務室には医療用メスがある』と教えてくれます。

鍵も貸してくれるし、技術(やりかた)もシスターが教えてくれるので解決でしょう?と彼女は笑います。

そして次の質問は、『シスターの年齢と、生まれた時から家畜なの?』というものでした。

シスターは26歳で、イザベラは31歳。
二人とも生まれも育ちもGF農園だといいます。

『あの本より前に生まれたママでさえ、農園生まれ?』
『ママもシスターも『外の出身』ではないのか…』

その言葉に、エマもノーマンも頭の中でそう考えています。

「『外』は見たことあるんですか?」

ノーマンの質問に、シスターは即答しました。

「アラ、嘘でも『ある』っていうと思った?ないわよ」
その答えに、エマとノーマンが驚きの表情をしたことに、シスターは『やっと表情を変えた』と気づいています。

「でも、『外』に人間はいる」
「…………」

「あなた達の食料は、農園(うえ)と大人(私達)で作っている。でも、服や道具は『外』からはこんでくる人間がいるのよ」
エマの沈黙を気にすることなく、シスターは続けます。

それはおもちゃとか、本。そして家具やテスト機材だと言います。

『それが本当ならミネルヴァさんの本も……!!』
二人はなるべく顔に出さないように、そのことを考えていました。

そして、シスターは一度だけ、本部で外の人間を見たと言います。

「食われない人間も『外』にはいる。そこに紛れなさい」

シスターはそうアドバイスします。

『食われない人間…!?本当なら、ミネルヴァさんが生きている可能性だって高まる』
『本当なら…ね』

生まれた時から家畜で、外を見たことのないシスターの言葉なので今ひとつ信憑性に欠けるため、ノーマンは懐疑的にも考えます。

そして、鬼がいつからいることや、農園がどこにあるかはシスターは知らないと答えました。

農園周辺の警備に関しては知っているそうで、「発信器に頼りろくな人数配置していないし、巡回すらしていない」
と答えてくれました。

このことだけきくと、もう十分とお礼を言ってシスターの元を去ろうとします。

その後ろ姿に、シスターは『賢い子達。不確かな情報にがっつき不用意にしっぽを掴ませたりしない』と二人を解析します。

そして、あの子達は『『証拠』を掴ませなければ、シスターは標的を逃すしかないこと』をわかっているのだと。

ですが、シスターはやはりそんなに甘い相手ではなく手強かったのです。

「そう、発信器の場所も壊し方も既に突き止めてたの。やるじゃない!なるほどね、色々とよくわかったわ」

アハハと笑いながら、シスターに見破られた二人は驚きを隠せないでいました。

『な…なんで?質問は選んだ。失言もしていないのになんで…』

「!!!!」

エマの疑問も読み取ったように、シスターはそうこたえます。

「あなた達、言葉には気をつけてた。自分たちの知りたいことは何か私に気取られぬように。
質問にもその効き方にも細心の注意を払っていた。偉いわ」

「でも、自分の優位にあぐらかいて油断しすぎ」

「人間はね。その場で立っているだけで情報の固まりなの」

立ちすくむ二人を翻弄しながら、シスターは言葉を続けます。

「態度、目線、まばたき、汗、仕草、瞳孔、脈拍…全てが相手を探るヒントなのよ」

「なのに、あなた達ときたら『耳にある』って別ったのに、触って確かめようともしないし、取り出せる段取りついたってのに、全然嬉しそうにしてないんだもの」

シスターの言葉に確かに最初は耳に触れていた…と思い返します。

「ねぇ、わざわざ聞く必要のない発信機について聞いたの? 何か私に隠したい…内緒にしたいことでもあるのかしら?」

わざとらしくも勝ち誇ったような笑みで、シスターは尋ねます。

「大丈夫。証拠はまだ何一つ掴まれていない」
「うん」

平静を装う二人に、追い打ちをかけるようにシスターが口にしたのは…

「え?」
思わず振り返る二人に、シスターは「次来た時に教えてあげる」とだけ言い残し、送り出されます。

「あの人もママと同じ、農園のシステムで生き残ってきた大人なんだ」

こちらからの情報は何一つ与えないつもりでいたノーマンは、シスターを見くびり手の内を見破られたことに悔しく思います。

こうなっては一刻も争います。迅速に逃げ切るために『明日の下見は抜かりなく』と決意を新たにします。

11月2日木曜日 脱獄決行まであと6日…

書斎で何かを感じ動き出そうとするママの言葉で、21話は終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

約束のネバーランド21話感想

ママになるのも本当に恐ろしい世界なのだなと思いました。

心臓に細工をした上で友好的とも思えないライバルと競い合う…

シスタークローネも必死になるのもわからなくもないと思ってみたりします。

だからこそ、こんな農園から早く脱出して、自由に大人になれる権利を得てもらいたいなと切に感じます。

シスターとのやりとりで、『立っているだけで情報のかたまり』はさすが。

手の内は見破られたがこの先にすごく役立ちそうなアクシデントでしたね。

シスターは毒となるか薬となるか、あと6日間でどうなるんでしょう。想像が付かない…

スポンサーリンク

まとめ

思った以上にシスターもクセ物でした。

冒頭の『出荷後の道』でかかれていたように、厳しい競争社会で生き抜いてきた人なので
ただの変顔の面白い方ではありませんでしたね。

ママの「頃合い」とは、何をさして言っていたのか…

色々と見透かしているだろう恐ろしい方が動き始めるので、どのように邪魔してくるのか、次号も気になりますね。

約束のネバーランド22話「餌」ネタバレ考察と感想はこちら

スポンサーリンク