約束のネバーランド24話ネタバレ考察と感想「下見1」(3巻収録)

約束のネバーランド第24話「下見1」(2017年1月30日発売の週刊少年ジャンプ9号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、約束のネバーランド第23話「ブチ壊せ!!」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド24話「下見1」ネタバレや伏線考察など

塀に登り外を見る。抜け道と持ち物を決める『下見』を、エマとノーマンの二人は急いで行います。

手の内をシスターに見破られ、ママも多分疑っているから。

二人に動かれる前に明日にでも、脱獄を決行したいと考えるエマとノーマンでしたが…

ー一方のハウス側の様子ー

『レイがママを引きつけて、ノーマンとエマが下見。俺達は…』

ドンとギルダは、レイからの指令を思い出しながら、上手くいくようにことの顛末を見守っています。

『二人の役割はレイが失敗したときに速攻エマとノーマンに伝え、下見を中止させること』でした。

ーハウス内・レイとママー
「始めようぜ。薬剤のすり替え」

囮の行動を始めようとするレイとママですが、レイはシスターが見えない違和感を感じます。

「排除したの」

どこで何してる?と頭の中で思っていた所で、後ろを歩くママから思考を読まれたように返答がありました。

「え?」

「シスタークローネは排除した」

聞き返すレイに、冷酷な視線でママはただ、そう述べます。

その言葉に目を見開いたレイは、急いで階段を駆け上がり、シスターの部屋のドアをあけます。

…が、そこにはシスターが居た気配もなく、全てが片付けられてもぬけの殻となった空き部屋がありました。

「あなたもよ」

優しく肩に手を置いて、そうして、次に告げるのは戦力外通告でした。

「“取り引き”は、今この時をもっておしまい」

「え……俺もクビ!?なんで…ママには俺が必要だろ!?」

レイは、ママの判断に納得がいかずに、「あくまで水面下で、間接的にエマ達も制御したいはずだ。ママにとって俺は上手くやっていただろう?」と食ってかかります。

「そう…常に使える犬だった。だから側に置いていたわ」

そこでレイは理解します。怪しまれていても、そうでなくても、レイを含め制御できていればママにとって問題ないはずだと。

「俺が使えれば問題ないはずだ!」

レイはそう訴えますが、確かにその点に関してはレイに落ち度は無いしママの方の事情が変わったのだと、これは不当解雇だと言いました。

「ここからは私一人で制御する」

ママは、発信器を手に、レイの前に立ちはだかります。

「ごめんね、レイ。私がこれからすることを許してね」

ーハウスの外・ドンとギルダー

『今のところ合図はない…!このまま無事に……!!』
見守りながら内心思うドンでしたが、異変はすぐに訪れます。

「ねえ、どういうこと!?」
見守っていた2人の前に、レイから合図がなかったのにママが出てきました。

「一体どうすれば…」

困惑するギルダに、ドンは『ハウス内を見てくる、何かあったらすぐ動け』と言い残し、ダッシュします。

その頃のレイは、ママによってその空き部屋に閉じ込められてしまいました。

「くそっ…!」

体当たりしても、イスをぶつけても扉が開く気配はありません。

ー少し前の回想ー
「しばらくそこにいて頂戴。戻ったらちゃんと出してあげる」

ママに扉に鍵をかけられ、閉じ込められたレイに向かって、扉越しにママは分析します。

「さて。森を走る2つの信号、早さからしてエマとノーマン。一直線に柵の方へ向かっているわ。“下見”かしらね」

『気づかれた………!!』

ママの言葉にどきりとするレイです。

薬剤の件はどうでも良い、レイが守ってくれるから。と、ママは見抜いています。

「あなたは私を殺させない。あの子達のために。だから、私を封じるなら100パーセント別の手を使う」

「じゃあね、レイ。今までおつとめご苦労様」

全ての手の内を見抜いた所で、ママはギルダ達の前に姿を現したのでした。

「くそっ!」

『ヤバイ、どうする最悪だ!! シスターを排除?俺も用済み!?とにかくここからでなければーーーー』

レイは、少々焦りを覚えながらも、勢い付けて扉を蹴破ろうと振りかざした所で…

「え?」

バゴオオオオン!!

様子を見に来て錠前破りをしただろうドンと鉢合わせ、盛大に扉を蹴破ることに成功します。

「~~~~~~~~っ」
「悪ぃ!!」

タイミング悪く蹴破られそうになったドンは腰を抜かしてプルプルしますが、すぐに気持ちを切り替えます。

「それよりレイ!」
「そうだ!」

この瞬間に、レイは一つの可能性に気がつきました。

急いでギルダを連れて3人はエマ達を追います。

「下見強行だ!!ママを止めるぞ!!」

ドンはギルダにそう告げて、先を急ぎます。

レイの見解はこうでした。

・ママの言葉。「これからは私一人で制御する」→これからも制御すると言うこと。それは、満期出荷を諦めていないので、『即出荷』はないと考えます。

・『事情が変わった』ことで、『水面下で動き、表向き制御可能を装う』という前提は通用しなくなったため、下見を止めても意味が無くなります。

・この先に待つのはママの直接支配になるので、この機会を逃したら二度と下見のチャンスは失われると言うことです。

袋を持って走るエマに、ノーマンは、背後からの何者かの気配を感じます。

「………」

「エマ」

「うん!」

持っていた袋は近くの茂みに投げ入れ、二人はその場で足を止め、その気配の主を迎えます。

ザッ…ザッ…森の暗がりから姿を現したのは、予想にもしていなかったママの姿でした。

「ママ…?どうしたの?」

何も知らない子供のふりをしながら、二人の脳内ではどういうことだ?と思考がフル回転でまわっています。

「気付けエマ!ノーマン!!ママに構わず下見を続行しろ!!」

心の中でそう叫びながら、レイ達は二人の後を追いかけます。

ママに悟られないように、当たり障りのない会話をするエマとノーマンの前で、ニコ…と微笑んだママの姿で、第24話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

約束のネバーランド24話感想

ママが直接支配に乗り出した、ピンチな24話でしたが…ネット上の感想はどうだったのでしょうか。一部ご紹介します。

イザベラの綺麗なお顔で、何を考えているのかが読めない所が本当に面白いですね。先が読めない展開はハラハラさせてくれて面白いですね。

スポンサーリンク

まとめ

下見の時点で、ママに全て見抜かれてしまいました24話です…。

やはり甘い人ではなかったようですね。

ママの思惑もあるようなので、ママの魂胆を見抜いて下見を決行できるのか、次話はそこが注目ですね!!

スポンサーリンク