約束のネバーランド34話ネタバレ考察と感想「決行3」(4巻収録)

約束のネバーランド第34話「決行3」(2017年4月10日発売の週刊少年ジャンプ19号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

なお、約束のネバーランド第33話「決行2」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド第34話「決行3」ネタバレと伏線考察

てきぱきと、トーマとラニはエマの指令通りに動いています。

「着替えた?じゃあ次そこ座って」
「………いや……でも…エマ俺は……」

トーマとラニが持ってきてくれた着替えに袖を通しながらも、死ぬ気でいたレイは、まだ気持ちは迷っていた。

「まだ死ぬつもりかこのわからず屋!つべこべ言わずに逃げるの!」
レイの頬を思いっきりひっぱたき、エマはレイを鼓舞します。

油の上の着ていたレイの衣服の上に、並べられたハムやベーコンなどの肉類に、髪の毛。

「これは?」
「レイの代わり」

何もないよりはごまかせる。それっぽい匂いを作るようにとノーマンがと、トーマとラニは明かします。

「その髪……」
その中にある、長いお下げ髪にレイの目は驚愕で見開かれます。

「アンナがくれた」
弟妹の一人、長いお下げの女の子のことを思いながらエマは答えました。

「あとは発信器。取り出すからそこ座って耳出して」

発信器を取り出しただろう、ガーゼを当てられた耳を押さえながら、トーマとラニに続くようレイも森の集合場所に駆けていきます。

『どういうことだ!?こいつらグル?全部バレてた?……ノーマンの計画?』

すべての状況が全く飲み込めないレイは困惑しながらも走ります。

今何が起こっている?

「さあ、始めよう、ノーマン」
一人残ったエマはそう呟いて、今度こそ食堂にマッチを擦り、落とします。

あっという間に火は燃え広がり、食堂は火の海と化す……

-明くる日の、ノーマンの回想ー
『レイは死ぬ気だ』

『逃げる気が無いんだ。はじめから農園(ここ)で死ぬつもり。なぜ?いや、何故であろうと絶対に阻止しないと』

レイの性格を考えるとおとなしく出荷されるとは考えられない。必ず何かをするとノーマンは睨んでいました。

『一体どう死ぬつもりで…』
ハウス中を探って、レイの魂胆を掴みます。

ノーマンは床下に隠された大量の油をみつけたのでした。

さすがのノーマンは、それでレイの考えが読めてきます。

火事を起こし、レイが自分自身を燃やすことでママを引きつけ皆をノーマン達を逃がすこと。

とんだ奥の手だ。とその周到な準備も含めノーマンは感心します。

『いい作戦だ。レイさえ死ななければこの作戦は使える』

ノーマンは、エマにあててノーマンが出荷された後の脱獄の計画を託します。
内容は
・決行は二ヶ月後。恐らくレイの誕生日その前夜。
・レイが仕掛けた火事を利用して、レイを救い、ママを出し抜き、皆を連れて逃げること。
・僕らの『真の計画』はバレていないし、時間もある。
・思いがけない品も手に入れたこと。

マスターキーの鍵型と、W・Mとイニシャルのかかれたペン。これはシスターからのものでした。
発信器の取り出し方も、教えてもらっていました。

2ヵ月の準備や執るべき指揮などを、エマに託していました。

『どうか、レイを、みんなを…』

全てが、ノーマンの計画通りにすすんでいました。

-現在に戻り-

「おまたせみんな!」
耳を押さえたエマが皆と合流します。

発信器を壊したことを皆に確認して、塀まではしるとエマは言います。

ドンの隣を併走するレイは、走りながら尋ねます。

「こいつら全員知ってんのか!?ハウスの正体も……逃げることも」

するとあっさりドンは「おう」と肯定します。
エマが皆に話したと。

「ギルダとドン(あのふたり)のおかげでわかったの。ドンもギルダも……多分みんなも私達が思っているほど子供じゃない」

現実にあの化け物から逃げるためにも真実を知ったうえで自分の意思で仲間に加わった方がいいと。

それに、ママは年長者以外に警戒はしていなかったので、ママの隙は突けると思うと提案します。

共闘していた頃のシスターの部屋に出向いた日…
使えるチャンスは全て使う。

ノーマンは念を押します。
「本当に何でも?」

「ええ。農園のことでも本部のことでも」
シスターは両手を広げて歓迎のポーズで答えます。

「『大人が子供達を殺す気持ち』でも?」

シスターに話を聞きに行ったあの日の会話を利用して、四人には気配を消して話を聞いていてもらったのだった。

「そんな前から……」
周到な準備にレイも驚きながらも状況を飲み込んでいきます。

『この2ヶ月のエマの本当の手足って―――』

実質のエマの手足となって動いていたのは、トーマやラニ、アンナたちでした。

そうして、2ヵ月かけて残りの弟妹も少しずつ引き入れていき、今に至ります。

「全員無事に逃げ切るよ」

塀にたどり着き、いざ越えようとした時に、レイはある違和感に気付きます。

―一方のママは―

「全て燃えた………まんまとハメられた……」

ゴオオ……と火に包まれたハウスの前に、荷物一つで立ちすくんでいた。

右手には、誰かの左耳。

「フ…フフフ……」

「エマもレイもまだ生きている!!」

その事実に高笑いをあげながら心から安堵します。

生きてさえいれば捕まえられる。全員捕まえる。誰一人逃がさない。

ママはただ一つ持ち出した本部への連絡用であろう通信機をドン、と地面に置いた。

その時、全員連れ出されたと思っていたママのスカートを引っ張るフィルがいました。

レイも、全員?と疑問を抱き、ママもフィルが居ることに驚いた所で、34話が終わります。

伏線?ポイントを考察

ずいぶん前からのノーマンの計画だったんですね。

てっきりノーマンが持って出たと思っていたペンは、エマに託し残されてましたね。
しかも、あのイニシャルは…!?

あの日のシスターとの会話で、既にトーマやラニ達が仲間入りしてたとは…思いもしなかったです。

レイもママも出し抜くノーマン、ママに負けないと言っていたあの日の決意は本物でしたね。

計画通りにすすんでいる、と何度も出てきていましたよね。じゃあ、ママのそばにいたフィルも計画通り…?

本当に先が読めない…

【伏線ポイント】
シスターの残したペンのイニシャルが、W・M→どう考えてもウィリアムミネルヴァさんのですよね?
鬼と対等に話していたあの人の持っていたペンでしたし。

【伏線ポイント】
ひたすら、エマの左耳に注目させるようなカットばかりママの元に残してきた耳はエマの物…?と思わせるような作画。どうなっているのか。何かの伏線なのか。

【伏線ポイント】
フィルがママの元に残っていた←無垢な笑顔でママと呼んでいましたね。自ら望んで残ったのか?とも思いますが…フィルって成績地味にいい子だったりしますよね。きっと裏があると思いたい。(その方が面白いし)フィルがどのような動きを見せるのかにも注目ですね。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

約束のネバーランド第34話感想

毎回毎回、本当に驚きの連続です。だ、だまされたーーーー!!いい意味で!!(2回目)

年少組にも知らされていたが、まさかそんなに前から知っていたとは思わなかったですね。

ドンとギルダの「あの時本当のことを知らされなかった」の怒りが、ここで生きてくるとは。秀逸。

ママの壊れっぷりがいいですね、恐ろしくて。
ですがどんなに動揺していても、お顔は整ったままなのが尚恐ろしさが募ります。

フィルの動きが可愛いんだけど不気味で。
どのような立ち回りになるのか大注目ですね。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年19号の掲載順をご紹介

19号はこのような掲載順になっていました。

上から
・ブラッククローバー(巻頭カラー)
・ハイキュー!!
・約束のネバーランド
・僕のヒーローアカデミア
・ROBOT×LASERBEAM
・食戟のソーマ
・腹ペコのマリー
・クロモリクライム(読み切りセンターカラー)
・青春兵器ナンバーワン
・ぼくたちは勉強ができない(センターカラー)
・鬼滅の刃
・Dr.STONE
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・斉木楠雄のΨ難
・火ノ丸相撲
・左門くんはサモナー
・ポロの留学記
・銀魂
・U19
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』は今週は3番目です。ワンピースが休載ではありますが、安定して上位にいてくれますね!
この調子で脱走最終局面は高順位で突き進んでもらいたいです。

ここ5週の掲載順番は『3番、2番、7番、12番、5番(最新号から)』ですので、平均値は少し上がり、5番位になっています。

毎度予想を大きく上回り、先が読めない面白さになっていますので、順位がうなぎ上りなのは読者の注目度も高いのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

脱出の詳細は知らされましたが…あの耳のことはハッキリさせずに終わってしまいました34話。

エマの左耳が出てくるアングルが多いなと感じたのは私だけでしょうか?
何かの伏線かなぁとやんわり思っています。さて、どうでしょうね??

ママの追撃はかなり恐ろしそうでしたが、フィルの存在や、まだ出てきていない赤ちゃん達はどうなっているのか気になります。

レイが全員?と疑問だったのは、フィルが居ないことだけを指してたわけじゃないのかな…?と睨みます。

次号はセンターカラーで、煽り文句が脱獄終幕…

無事に全員で、ノーマンの計画通りに逃げ出せるのか。外の世界はどうなっているのか。

また1週間が長く感じそうですね(笑)

次のストーリー(35話)のネタバレ考察と感想はこちら

スポンサーリンク