約束のネバーランド38話ネタバレ考察と感想「誓いの森」(5巻収録)

約束のネバーランド第38話「誓いの森」(2017年5月15日発売の週刊少年ジャンプ24号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、約束のネバーランド第37話「脱出」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド第38話「誓いの森」ネタバレと伏線考察

ー農園・門ー
「見つかりません。既に敷地の外と思われます」

「下6並3佳2上2…特上2!! 計15匹も…何という損失……」

エマ達を逃がしてしまった代償…イザベラが本部の人間と対峙し、責められています。

「一体どうして…あなたらしくもない。おかしいあなたは…あなたなら――――」
「いえ」

グランマの言葉を遮るように、イザベラ。

「全て私の責任です」

言い訳もせず、まっすぐと見やり、イザベラはそう答えます。

鬼達も捜索の手を緩めません。

「それから辺り一帯にも通知しろ。逃げたのは特上。最上級農園の特上だ」

「生け捕れば勿論…死体でも褒美は惜しまんとな」

そんな通達がされているころ、エマ達は朝の森をすすみます。

「でっけぇ・・・」
コンパスで方角を確かめ、小鳥のさえずる、高くそびえ立つ原生林の中をそのあまりの大きさに驚き、皆見上げながらもすすみます。

『すげえ…これが『外』原生林?さっきまでとはまるで違う森だ』

『地形や気候から現在地を割り出せたらと思ったが…厳しいな。ここは一体――――…』

さすがのレイも、外の世界の想定外の大きさに、あごに手を添えながら考え呟きます。

そして、ふと、木の根元に、何か動いた気配を感じます。

弟妹達も根っこばかりで足場の悪い森を夜通し逃げて、眠気や疲れが出てきています。
逃げる速度も落ちてきたので、ドンが察し、エマに合図します。

「みんな!ちょっと休もう 朝ごはんにしよう」
そう提案し、ほろ穴のようになった木の根元で弟妹を集め、休憩タイムに入ります。

皆が食料を食べ過ぎないように気をつけながら朝ごはんを始めます。

皆が食事をする中で、一人見張りに立つエマ。

その光景を眺め、かすかに頬を緩めます。

『外へ出て最初の朝ごはん。ここからだ』

『一日も早くフィル達を迎えに戻る。そのために』

『気を抜けない、ちゃんとしないと…私がみんなを守るんだ!!』

エマは気を引き締め直し、警戒の色を強めます。

最初につけたダミーの足跡に引っかかってくれたらいいんだけど…すぐ気づくだろうな』

追っ手の気配も今のところはないが、野生の獣や、追っ手に限らない鬼など、未知な世界に危険は隣り合わせだからこそ、エマは気を抜けないでいました。

そんなときに空気を変えたのが、レイです。

「それっぽい足跡や糞がみあたらない。痕跡で判る。これも鬼ごっこと同じだ」

「気負いすぎ。俺も見張るからお前も休め」
「……ありがとう」

エマの頭を小突いた飲み物の瓶を彼女に私、レイは朝ごはんを食べるように休憩を促します。

「ごめんな」
「え」
お祈りをして、朝食を食べようとするエマに、見張りながらレイはそう言います。

「俺が最初から協力的だったら、お前の手や耳も怪我させず済んだかもしれねぇ」

屈託無く笑うエマに、レイは背を向けながらも口もとを笑みの形にします。

「さっき、アンナにも謝ったんだ」

髪の毛をレイのために切ってくれた事を、アンナに謝った事を告げます。

「したらさ、『そんな事よりお誕生日おめでとう』だとよ」

レイの謝罪に、アンナも他の弟妹も笑顔で、レイの誕生日を祝ってくれました。

レイは弟妹を見殺しにしようとしていた。そんなレイのために一生懸命になってくれた皆。

そんな弟妹のためにも、レイは決意します。

「エマ…生きるよ俺……生きて、家族を守る」

「今度は…今度こそ誓う」

「だから、一人で背負うな。みんなでつくろう。家族で暮らせる世界を。家族全員で」
「うん!」
レイの言葉にエマは年相応な少女の顔で、嬉しそうに頷くのでした。

そして、休憩を終えて一同は進みます。
レイはこれからどうするかエマに尋ねると、「まず水がほしい」と返答します。

「上から川が見えたでしょう?飲める水質か確かめたい」

「妥当だな。人間水がなきゃ3日で死ぬって昔、本で読んだ。まず水だ」

上手くいけば魚などの食料も手に入る、とレイは言います。
一つの懸念は、追っ手もそう動く事を想定するだろうという事でした。

そして、その後の計画はあるのか尋ねると、エマは南に向かうと言います。

「!南?」

鞄の中をごそごそと探し、

「なんだそのペン…B06-32地点?」
「ノーマンが、シスター・クローネから貰ったの」

そう言ってレイにそのペンを渡します。

「!!」
そのペンを確かめるレイは、そのペンには、『W・M』のイニシャルが記されているのに気づきます。

「軸に仕掛けが」

シスタークローネがハウスを去る際にノーマンの引き出しに入れていったペンに気がつき、そのペンを調べます。

試し書きをしてみたが書けない。インク切れを疑いますがそうではなさそう。

「で、分解してみたら……」

B06-32の刻印が現れ、まだ仕掛けはありました。
もう一段引っ張ってみると、そこに現れたのは…

そこには、図書室にあったミネルヴァさんの蔵書票に似た、モールス符号のホログラムが出てきました。

「えっ。何だこれ一体……」

ホログラムの存在に驚くレイの少し後を歩いていたトーマが、ラニがいない事に気がつきます。

「どうした!?トーマ」
「エマ!レイ!大変だ!!」

トーマの叫びに、エマとレイは駆け寄ります。

「え…消えた?」
思いも寄らない出来事に、エマは愕然とします。

「どういう事!?襲われたの!? それともはぐれて―――――」
「ちがうちがうそうじゃない」

エマの問いかけにかぶせるようにトーマは否定します。

「いきなりいなくなったんだ!!」
「!?」

隣を歩いていて、振り返ったらいなくなっていた、トーマは言います。

「おいラニ ふざけてんのか?出て来いよ!!」
「ラニ!聞こえたら返事しろ!!」

トーマとレイが口々にラニを呼びますが、返事はありません。

「レイ!私ちょっと辺り探して…」
「待て!」
いても立ってもいられないエマがそう提案しかけるのを、レイは強い口調で留めます。

「おかしい……おかしいぞエマ………」

レイはいち早く違和感にきがつきます。

「返事がない……ラニだけじゃない………おかしい。
なぜ誰の反応もないんだ?」

年少者のクリスティ以外は、その異常さに気がつきます。

慌てて引き返してみると、そこには誰の気配もありません。

「嘘でしょ…?」
『ドンは…?ギルダは…?みんなは…?』

「俺達以外どこ行った?」

レイとエマ、トーマとクリスティ。この4名を残し忽然と姿を消してしまったところで、38話は終わります。

伏線?ポイントを考察

気になるポイントを上げますね。
<伏線ポイント1>
レイが感じた気配が、皆を何らかの方法で神隠しに遭わせたこと。ですね。

多分、ここが行方不明の伏線だったんでしょうね。
木の根が動く?原生林に見えて、隠し扉が出てきたりかなり近代的な何かだったりするのかな?
いきなり全滅なんて事は無いと思いたいです…

<伏線ポイント2>
ミネルヴァさんの残したペンのモールス符号
「B01―14」
エマ達が向かうのはB06-32地点、同じような法則ならこれもどこかの場所をしめしているのでしょうか。
解読は判らないけど、今後思いっきり重要な伏線になりますよね。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

約束のネバーランド38話感想

今週から新章です!ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

本当、毎回美しいカラーページに、うっとりしますよね。

本当、激しく同意です。子供達をかばっている事、上にはお見通しのような…ママの進退も気になって仕方ありませんね。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年24号の掲載順をご紹介

24号はこのような掲載順になっていました。

上から
・鬼滅の刃(巻頭カラー)
・ハイキュー!!
・ONE PIECE
・約束のネバーランド(センターカラー)
・Dr.STONE
・僕のヒーローアカデミア
・青春兵器ナンバーワン(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・ブラッククローバー
・ROBOT×LASERBEAM(センターカラー)
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・食戟のソーマ
・銀魂
・斉木楠雄のΨ難
・ぼくたちは勉強ができない
・左門くんはサモナー
・腹ペコのマリー
・ポロの留学記
・U19
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、20作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は4番目、かなり前位置に掲載のセンターカラーです。

ここ5週の掲載順番は『4番、1番、6番、4番、3番(最新号から)』ですので、平均は変わらず3番位になっています。

スポンサーリンク

まとめ

新章始まりましたね!

レイの誓いが「今度こそ誓う」って…

やっと本当にエマの意見に賛同して仲間になってくれたのが、嬉しかったですね。

ここにノーマンがいたらよかったのに、と少々しんみり思いますが、そんな感傷も吹き飛ばすようななんだかいきなりピンチな展開…!?

みんなはどこに消えちゃったのでしょうか。

序盤でレイが何かの気配に気がついていました。足下にさりげなく描かれていた植物とかが、なにか起こしていたのか。

鬼の世界なのだし、意思を持ち動く植物とか人外のものがうようよいてもおかしくないと言えばおかしくないですが…はたしてどうなのか。

次週がまた気になる引きで、終わりました。また次週の展開が待ち切れないです。
新章も、変わらず夢中にさせてくれる約ネバですね!!

次のストーリー(39話)のネタバレ考察と感想はこちら

スポンサーリンク