約束のネバーランド53話ネタバレ考察と感想「B06-32③」(7巻収録)

約束のネバーランド第53話「B06-32③」(2017年9月4日発売の週刊少年ジャンプ40号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第52話「B06-32②」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド53話「B06-32③」ネタバレと伏線考察

「ようこそ。B06-32シェルターへ」

人だ。人間だ。
そうはおもいますが

洋服も着方はだらしないし、ティーカップには穴が開いていて、お茶を飲んでいるふりをしているだけ。

かなり変な人だと皆は認識します。

「あなたがミネルヴァさん?」

「ミネルヴァさん」にしてはイメージが違いすぎて戸惑う弟妹の中、エマはストレートに聞きました。

「違う。お生憎さま。俺はW・ミネルヴァじゃない」

クッキーを片手にもてあそびながら彼は答えます。

「じゃあ、ミネルヴァさんを出してくれ。俺達はミネルヴァさんに会いに来たんだ」

「いないよ」

レイが男にそう頼んでみると、クッキーをぼりぼりやりながら、ミネルヴァはここにいないと、人を馬鹿にした様な態度で言葉ばかりの同情を述べます。

「あんた何者だ?ここで何してる?」

弟妹達の中で、やっぱりミネルヴァさん嘘つき説が浮上してきますが、レイが彼の態度に眉間にしわを寄せながらも素性を問うと

「何者かって? “先輩”だよ」

男は、エマたちの持つペンと同じものを持っていました。

「GFじゃあないけどね」

マイナンバーがおなかに刻印されていた男は、エマたちと同様、仲間と一緒にペンを頼りに逃げてきたといいます。

自分たちと同じ境遇の、脱走者が外にもいたことに素直に喜ぶもの、警戒心を露わにするものと別れますが、彼の言葉に一新に耳を傾けています。

「しかし、実際来てみたらミネルヴァもいねぇし、待てど暮らせど現われもしねぇ。嘘つきって思ったね」

「ですよね!」
クリスやアリシアたちは心の底から悔し気に同意しています。

「でも、このシェルターには感謝した」

ここには水・食料・電気に居住スペース、世界についての情報や資料もすべて揃っているからと。

『13年…13年現われていない?』
レイは表情には出さずにその年月について考えていました。

「それで、今仲間の人達は…?」

(がぞう)

「………」

言葉をなくしてしまったエマたちに、『昔の話だから暗くなるな』とその場を持ち上げながら、彼は言います。

「ミネルヴァ探しは疾うにやめて、楽しくやっている」と。

「それよりお前らは?お前らこそ何者だ」

「あ。俺たちはーーー」

男にとってはもっともな疑問にドンたちは答えようとしますが、彼はそれを遮り

”GF出身”で、”7日前逃げてきた15人”という情報は見ればわかるし既に知っているとのことです。

7日前と15人、そんなことまでこの男が把握しているのに、レイの表情は心なしか険しくなります。

「要はな」

「え」

思ってもみなかった辛らつな言葉に、エマもドンも言葉を失います。
その空気の中でもお構いなしに男は言葉を続けます。

「いいか、ここはシェルターだ。さっきも言ったが水・食料・部屋…全部揃ってる」

「だが、限りがある」

そのねめつけるような視線に、皆はビク、とおびえ、警戒しました。

男曰く、ここは先に来た先輩である自分の家であり、取り分が減るのは嫌だと。

そして、エマたちは確実に死ぬ、この世界じゃ生きられないと断言されてしまいます。

「弱いから」と。

死の淵に立ったこともない。基礎の基礎だけをわずかに齧った程度で生きて行ける気になっている、無知でおめでたいザコそのものだ。

だから、死ぬんだと。

「あんたのかつての仲間のようにか?」

今まで黙っていたレイがここで発言します。

「そうだ。どいつもこいつも弱いから死んだ。そして、俺だけが生き残った。俺だけが生き残れた。13年、俺だけが」

男はその月日の中で、生き残るすべを学んだといいます。それは・・・

「ムダを省くことだ」

「全部ムダ」

「そんなことない!」

唾棄するように言い捨てる男に、エマも黙っていられませんでした。

バン!とテーブルに手を突き、頭に血が上ったエマに向い、男は後ろ手で背中から物騒なものを取り出すのを、レイはいち早く気がつきますが・・・時既に遅く。

銃口をこめかみに当てられたエマに、皆の表情は固まります。

「仲良しこよしのザコの群れなんざ何よりムダだ」

男はエマを人質に取り、彼女らがもつペンを寄越せといいます。

自分以外の者がこのシェルターにはいってこれないように、ペンを取り上げようとしていました。

「俺はムダが嫌いだ。だから悪いが出て行ってくれ」

ペンを置いて出て行くか、ここで男に撃ち殺されるか・・・無慈悲な二択を迫られた所で、第53話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

伏線ポイントの考察1

男は『グローリーベル』出身。後2つの農園にミネルヴァのペンが何らかの形であったのでしょうか。

気になる点はココ。『ここのシェルターには衣食住以外にも世界についての情報や資料が揃っていた』ということ。

ただ待っているだけだったら、此方の世界に常駐してるわけではないだろうミネルヴァさんに助けてもらいに来たのも伝わらないのかも。

その資料や情報を使ってここからまた何か紐解いていかないとミネルヴァには会えないのかも。男はそれを放棄して、自分勝手にシェルターに閉じこもる事を選んでしまったから、先がなかったとか??

あるいは、色々知っているが全てを見越してワザと無体な態度をとり、エマ達を試しているだけだったりするのでしょうか。

先住の男の得体がまだ知れないので、敵だとは決めきれないかもと感じます。

伏線ポイントの考察2

男が持っていた穴が開いたティーカップや、ちぐはぐな衣装・・・13年間もずっと籠城生活が出来てきた理由・・・

もしかしたら、食料の底も尽きてきていて、仲間はどんどん死んでいったとか・・・でも生き残るために子供を攫う強盗の味方だったりって可能性はないのでしょうか。

エマ達が逃げてきた日にちと人数を何故知っているのか?と考えると、情報を流している人物(鬼?)がいる?とか。

後ろのたくさんあったモニターみたいなので調べられるノかもと言えば、それまでですが・・・

色々考察は尽きませんね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド53話感想

せっかくお会いできた外の人間も敵の可能性が高くてひやひやする53話でしたが
ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

もの凄く同感!割れたカップにそんなストーリーがあったりしたら、先輩の印象もだいぶ変わりますね!

けっこう、先輩には思惑が有るんでないか?という声が多く見られましたね。
そのまんまの自己中嫌な奴って展開かもしれないですけど・・・すんなりいかないのが約ネバですからね・・・どんなもんでしょうか。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年40号の掲載順をご紹介

40号はこのような掲載順になっていました。

上から

・Dr.STONE(巻頭カラー)
・ROBOT×LASERBEAM
・ONE PIECE
・火ノ丸相撲
・斉木楠雄のΨ難
・約束のネバーランド(センターカラー)
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・ジキルの使い魔(金未来杯センターカラー)
・ブラッククローバー
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ハイキュー!!
・食戟のソーマ
・HUNTER×HUNTER
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・磯部磯兵衛物語(センターカラー)
・シューダン!
・青春兵器ナンバーワン
・クロスアカウント
・腹ペコのマリー

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。

ここ5週の掲載順番は『6番、8番、1番、2番、13番(最新号から)』ですので、平均は一つ下がり6番あたりになっています。

まとめ

もの凄く態度の悪い“先輩”でしたが・・・彼の行動はそれが本当?と思わせる所がちょくちょくあり、考察も色々な意見が出てきていたように思います。

もし、『自分以外全部ムダ』が地で行っているとしたら、13年間の間に絶望する事ばかりがあったのかも知れませんよね。

エマが人質に取られてしまっている展開ですけれど・・・あの子たちがあのくらいでビビって屈するとは思えないので、次週の行動がもの凄く気になります。どうやって戦うのか。格好良くやり返してほしいものです。

先輩の真意が来週わかるのでしょうか。1週間が長いです・・・

スポンサーリンク