約束のネバーランド55話ネタバレ考察と感想「B06-32⑤」(7巻収録)

約束のネバーランド第55話「B06-32⑤」(2017年9月16日発売の週刊少年ジャンプ42号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第54話「B06-32④」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド55話「B06-32⑤」ネタバレと伏線考察

ピチチ・・・チュンチュン・・・

小鳥のさえずりと共に、世界に朝がやってきました。

「ん・・・」

意識を失うように昏睡してしまった男は目を覚ますと、自分の身柄がテーブルにぐるぐるに巻き付けられ身動きがとれなくなっている事に気がつきました。

「クッソ・・・!あのガキ共!!」
怒りながらガタガタと拘束をはずそうと躍起になっているその頃・・・

弟妹達にも起床時間がやってきます。

エマがカンカンと鍋とお玉をならして皆を起こしにやってきました。

「フトン最高-!!」

ふかふかの枕に顔を埋める子、よく眠れた事に驚いたり、今まで当たり前だと思っていた寝具にもの凄く感激する子供達です。

「エマ!おふとん片づけたよ!行ってきていい?いい!?」

「いいよ行っといで。夜寝る前から楽しみにしてたもんね」

フトンの片付けをしたラニ達男の子組がエマに確認をとり、大喜びして向かった先はお風呂でした。

このシェルターの中にはシャワーが6つに、ゆったりとしたバスタブが備えてある浴場がありました。

蛇口をひねると、当たり前のように温かいお湯が出てきます。

「水でもない蒸しタオルでもない・・・お湯・・・!!お湯を浴びれる!!お湯に浸かれる!!」

シャワーを浴び、体を洗いお湯につかれる事にこの上ない幸せを感じていました。

「うう・・・たった7日なのにもう10年おフロに入ってなかったみたいだぁ」
「わかる」
「待て待て、俺達まだ10年も生きてないだろ」

ドン、レイを除いた年少組男子が湯船の中でしみじみとしていた所で・・・

「あれ?」

ロッシの目からポロポロ、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

「おかしいな・・・涙が・・・・・・あれ?ソンジュ達にも助けてもらえて、全然ひどい旅なんかじゃなかったのに。つらくだって・・・本当に・・・・・・」

「変じゃねぇよ全然。がんばって歩いてきてよかったな」

そんなロッシの頭にポン、と頭に手を置いて励ますドンに、じゃれつくみんな。

「B06-32に来れて・・・逃げてきてよかったな」

「うん・・・!」

脱衣所でみんなの衣服やタオルなどを用意してきたエマとレイは、浴場から聞こえる会話に嬉しそうに微笑みあいました。

そうして・・・

残りの女の子達もシャワータイムを終えて、皆シェルターに備えてあった新しい服に着替えています。

洗濯が出来る事に大喜びのジェミマとアンナです。

備蓄のシャツは、一番小さくても5歳児にはブカブカで、何着か調整しなきゃとギルダはだぼだぼシャツ姿のクリスを見て言いました。

・ ・ ・

食堂の大きなテーブルには、人数分の温かいスープとパン、湯気の立った飲み物がといった、ハウスにいたときのようなちゃんとした朝食を並べられています。

「いただきます」
着替えを終えて皆が揃った所で、お祈りを捧げて朝食を摂り始めました。

「マジですげぇなこのシェルター。風呂もトイレも炊事場(キッチン)もある。なんと“畑”まで。予想以上だ」

マグカップを手に、レイはシェルターのハイスペックさに素直に驚いています。

水は地下水を引いて確保。

発電は、地中熱を上手く回しながら有機廃棄物を使って行う。

不足分は別燃料で動かせる補助発電機で補っていることがレイの調べで判りました。

「ユーキハイキブツ?」

食事をとりながら、耳慣れない言葉にドンはレイに尋ねると、耳元でゴニョゴニョと教えてくれましたが・・・

「えっウンコで!?はつでん!?」

「オイ俺生ゴミもつったろ」

「ドン!!レイ!食事中!!」

その単語のショッキングさについついドンは大きな声を上げてしまい、ギルダにしかられてしまいます。

「つまり使いすぎなきゃ水と電気には困らない。ゴミも極力出ない」

食料の備蓄はオジサンが13年使っているから殆ど無かったが、外には鳥もトカゲもヘビもいたし、持ってきた保存食も予想以上に残っているから何とかなるとエマは言います。

「ムジカからもらった種がいくつかある。どこか一部屋“畑”を増やしてそこで育てよう」

「ここで暮らせる。この場所で」

ミネルヴァさんはいないし、妙な先輩(オジサン)はいるし、昨夜見つけたベッドルームに書かれた『謎』もありましたが・・・

「B06-32(ここ)は最高の隠れ家だ」

安全で、清潔で、自分達くらいの人数なら余裕でずっと食べて住んでいけると、レイは太鼓判を押します。

『よかった。ここなら暮らせる』

つれて出てきた5歳以上の15人が、誰一人死なせる事なく安全を確保し暮らせる場所に連れて来られた事を、心の底からホッとするエマでした。

「なあ、楽譜がある。弾いていいかな?」

ピアノまで備えてあるこのシェルターで、ナットが弾き始めると、その音色に皆表情をほころばせています。

「ここからだ・・・・・・ここからだよね」

太陽の下で、木々の隙間から文化的なビルが覗く「人間の世界」で、置いてきたフィル達も皆一緒に笑顔で暮らしている、実現させたい想いが、エマとレイの中に浮かびます。

「この幸せをフィルたちも一緒に。家族全員(みんな)で人間の世界で」

「ああ」

「フィル達に会いたいなぁ。ノーマンにも・・・・・・」

幸せを感じたらいっそう、思い起こされるのはハウスに残してきたフィル達の姿で。エマは寂しげに呟きました。

「フィル達にはまた会える。そのために探る“糸口”だろう?」

レイの表情は読めませんが、そのつぶやきにレイは安易な慰めは返しません。

「うん!資料室も見つけたし。まずミネルヴァさんを探そう!」

「その鍵は、この資料室の資料と、あのオジサンが握っている」

キーマンになるオジサンは、手にナイフを握り拘束をといていました。不穏な空気が漂う所で第55話は終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

今回は箸休め的な回でしたので、伏線になりそうな所は見当たらなかったように思います。

幸せに溢れる回だったのは・・・フラグにしか思えませんよね。
レイは設備的にはずっと暮らせると言いましたが、はたしてそうなのか・・・?

オジサンのことも、あのおぞましい落書きの部屋の事も一切触れられていなかったのは、これから起こる展開が穏やかなものではないのでしょうと想像が出来てしまうような・・・

スポンサーリンク

約束のネバーランド55話感想

男子組が年相応にはしゃいで可愛かった55話でしたが
ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

久しぶりな幸せそのものの描写に、泣けてくる方も多かったようです。

不穏以外の何物でも無い!て感じでしょうか。

成程・・・このような意見もあるのですね。確かにオジサンサイドから見たら侵略者ですよね。元々オジサンの物じゃなく、ミネルヴァさんが食用児のために、と用意していた根底があるので、エマ達が来るのは問題は無いはずですけど・・・難しいですね。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年42号の掲載順をご紹介

42号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ONE PIECE(巻頭カラー)
・約束のネバーランド
・Dr.STONE
・ROBOT×LASERBEAM
・ブラッククローバー
・こちら葛飾区亀有公園前派出所(読み切りセンターカラー)
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・レイブンブライ(金未来杯センターカラー)
・斉木楠雄のΨ難
・僕のヒーローアカデミア(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・食戟のソーマ
・青春兵器ナンバーワン
・ハイキュー!!
・銀魂
・シューダン!
・腹ペコのマリー
・クロスアカウント
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番も2番目です。

ここ5週の掲載順番は『2番、2番、6番、8番、1番(最新号から)』ですので、平均は変わらず3.8番あたりになっています。

まとめ

とりあえず手に入れた安全な隠れ家。先住のオジサンを力でねじ伏せた状況ですのでまだまだ安心できませんね。

謎は何も明かされず、あまりに平和で幸せそのもの展開に、これから起きる悲劇の序章のような描き方にも見えるので、ナイフを持ったオジサンは危険人物には違いないのでどういう報復にくるのでしょうか。

しかし、エマやレイはそれすら見越して予防線を張っているような気はしますが・・・

オジサンと密猟者、ミネルヴァさんと、謎はまだまだ山積みです。

見開きで描いた『夢』の展開にたどり着けるよう、まだまだ見守り応援し続ける次第です。

スポンサーリンク