約束のネバーランド58話ネタバレ考察と感想「判断」(7巻収録)

約束のネバーランド第58話「判断」(2017年10月7日発売の週刊少年ジャンプ45号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第57話「取り引き2」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド58話「判断」ネタバレと伏線考察

エマは“触覚”、レイは“片目寝不足”、ギルダは“カタブツ丸眼鏡”、ドンは“豆ノッポ”・・・と、オジサンは頑なに名前を覚えようとはせず、全体的に雑なあだ名を皆に付けていました。

自分の名前も教えてくれないし、エマ達の名前も覚えようともせず、おざなりなあだ名を付けられた弟妹はがっくりしてしまいますが

オジサンは、関わり合いたくないのだろうとレイは言います。他人のままでいたいんだろう、と。

ー時は少しもどりー

「リピート アフター ミー」

オジサンは年少者の弟妹を集め、言い聞かせていました。

「部屋を荒らすな、視界に入るな、そもそもうろつくな。物を使ったら元の場所へ」

一文ごとに復唱させ、弟妹達に覚えさせようとします。

「破ったら死ね☆」

今まで見せた事もないにこやかな笑顔でオジサンは脅しますが・・・

「わーーーーー!!」

アリシアはオジサンのティーカップを持ちだし、落とそうとすると、オジサンは取り乱しました。

ー現在にもどるー

「だいぶ分かってきた。このスイッチだけでなくシェルターの全てが、対オッサンの脅しの道具になる。報告ご苦労、アリシア」

「ちょっ・・・レイ!何危険な実験させてんの!アリシアも!!」

レイは爆破装置のスイッチを手に持ちながら、アリシアの体を張った報告に彼女の頭をわしわしなでています。

レイに褒められ喜ぶアリシアでしたが、ギルダはお母さんのように二人を叱り飛ばします。

「大丈夫、もうやらないよ。だってどれもそれだけオジサンの大切な物なんでしょ」

いい子の笑顔で、本心からアリシアはそう思っているのでしょう。

他の弟妹も、探検できないのはつまらないし、変なあだ名付けられたけどオジサンのいうことはしっかり守っていました。

「名前何度も聞いたら怒られちゃった」

「もう近寄っちゃいけません!!」

ケラケラと楽しそうに笑いながら報告する弟妹達に、警戒心を緩めないギルダは母のように声を荒げて注意します。

そんな賑やかな資料室での会話を、オジサンは密かに耳にしていた模様です。

「とにかく、オッサンをミネルヴァ探しの旅へ引き込めた」

「脱出」と「救出」、これを残されたフィル達のために2年以内にやり遂げなければなりません。

連れ出すのがGF農園の食用児全員なら、救出後にこのシェルターに身を隠すのも人数的にも不可能でした。

「早々に「脱出」方法を確保して、2年の内に「救出」まで全てやり切らねぇと。ミネルヴァに会えるのかもわかんねぇし、チンタラやってる暇はない」

「・・・・・・・・」

レイは資料に目を通しながら年長者達に話します。

ギルダとドンは、神妙の面持ちでレイの言葉を飲み込みます。

「経験者(あのオッサン)を使わねぇ手はない。いや、目的のために絶対に必要だ」

「それにね、人間であるオジサンが13年間どうやって外で生き延びてこられたのか、間近で学ぶチャンスでもあると思う」

資料を運んできたエマがレイの言葉に続きます。

「いずれにせよ、オッサンの同行は必要なステップだ。まず一つクリア何とかよかった」

「でも・・・やっぱり心配よ」
レイはよかったと言いますが、一行の母性、ギルダはそう口にします。

「「ミネルヴァさんに会えるまで」なんてそんな。オジサン素直に聞いてくれる?私達を殺せないわけじゃなさそうだし」

エマにナイフを突きつけていた光景を脳裏に浮かべます。

「とりあえず「うん」と言って“隙を見て殺す”とか全然あり得るんじゃ・・・」

「だろうな」

「!!」

「オッサンがそう考えるのは当然だろ。いけ好かねぇクソガキ共に外で痛い目見せてやろうとかだって考えてるかも」

「そんな・・・」

最悪の場合を想定していたギルダのその可能性をあっさり肯定され、ドンもギルダもズン・・・と言葉をなくします。

「それでいい。ひとまず「うん」と言わせること。今はそうやってしかオッサンを動かす術がない」

オジサンはイマイチ本音が見えなく、何を考え、何で動く人間なのか、レイにもまだはかりかねていました。

「これから互いに肚(はら)ん中探りながらこの状況を利用し合う。この旅はそういう旅だ」

本当なら脅したりせず、同じ脱走者同士協力し合えたらよかったとエマは言いなすが、問答無用で銃を突きつけてきたのはオジサンだったので、それも難しく。

オジサンから出発は4日後だから、それまでに準備しろ、と急かされており、出発までの時間もあまりありませんでした。

「3日で読んで、準備して」

そのため、ここにある資料を3日で読んで、旅支度や残された弟妹達の為の狩りの仕方などを伝授することを済まさないとなりません。

「4日後、A08-63を目指す」

ー出発まであと1日ー

オジサンは、この前見つけたおびただしい文字が書き連ねられたベッドルームに立ち尽くしていました。

密猟者、の文字と対峙するように。

「ねぇ・・・“密猟者”って何?オジサン・・・」

そんなオジサンの後ろ姿に、エマは声をかけました。

「視界に入るな。そもそもうろつくな」

「視界には入ってない」

頑なな拒絶に、エマはなんとも思っていないように背後で両手を挙げています。

「出発の前に聞いておきたい」

そう前置きして、密猟者とは何か?オジサンは以前どこまで進んだのか?A08-63には着いたのか、何故ミネルヴァを探すのをやめてしまったのか。

そして、どうしてオジサンの仲間は全滅してしまったのか。矢継はやに質問を投げかけます。

「言いたくない。全部秘密だ」

エマの方を振り返る事もなく、全てをシャットダウンするオジサンに、エマも困りがおです。

そして、オジサンから思いがけない言葉を貰います。

「お前達はいい家族だ」

目を見張ったエマに、オジサンはそのまま続けます。

「いい家族だ。だから嫌いだ。目障りだ、気持ち悪い。今すぐ消えて欲しい」

「お前にわかるか?一つの判断で全てが狂う。自分の理想が、判断が仲間を殺す恐怖が」

「「全員で生きる人間の世界で」その判断は正しいか?」

「「ムダじゃない、全部ムダになんてしない」?楽しみだね。この旅の先になお同じことが言えるかな」

エマとすれ違い、部屋から出ようと扉の前に移動するオジサンに、エマは反論の一つもしませんでしたが、ただその目にある意思の輝きは失われていませんでした。

「ついて来い。“寝不足”も呼べ」

オジサンからそう言われ、エマはレイを呼び彼について行きます。
行き先は食堂でした。

「よっ」

「えっ・・・ちょ・・・!」

オジサンはそこにあったアップライトピアノの蓋を開け、傘でその内部をガチャガチャ突きます。

「え」

予想も把握もしていなかった行動に、二人は驚きます。

オジサンがいじっているのはピアノの弦ではなく、その奥にあった歯車で。

ガコン。

ピアノは横にずれ、その後ろに隠してあった部屋への入り口が現れました。

「出発前の最後の準備だ」

オジサンは入り口を指さし後に続くように指図します。

その入り口は、地下倉庫になっており、そこには、色んな種類の銃や盾、剣に斧・・・有刺鉄線など、身を守るための武力が集められていました。

「さあ、地獄のミネルヴァ探しへ行こうじゃねぇの」

この旅が危険極まりないことを示唆するオジサンの言葉と、武器倉庫で第58話は終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

やはり、オジサンはミネルヴァ探しの途中で仲間を失っていったのですね。

元々は、エマと同じような気質で、家族を仲間を大切にしていたのでしょうか。

「いい家族、だから嫌いだ」

かつての自分と重なるからの、オジサンの本音が少し、見られたように思います。

オジサンにとってシェルターは役割以上に大切な物、というのは、仲間と過ごした場所だから。思い出の詰まったものだから。

自分と同じ道を行くエマとレイが、同じ所まで堕ちて絶望する所を高みの見物していたいのか、あるいは、自分が出来なかったその先を見てみたい、その気持ちに挟まれて脅されたとはいえ協力する気になったのか。

全くの悪人ではない、そう思いたいですね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド58話感想

オジサンの本音がほんの少し、見られたような58話でしたが
ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

オジサンもきっと優秀だったのでしょうね。地獄のミネルヴァ探し、どういう展開になるのかたのしみですね。ギルダとアンナのマシンガン・・・見たいですww

シンプルながら笑ってしまいました。オジサンのあだ名センスは雑で秀逸。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年45号の掲載順をご紹介

45号はこのような掲載順になっていました。

上から

・トマトイプーのリコピン(新連載巻頭カラー)
・ハイキュー!!
・ONE PIECE
・すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊!番外編
・Dr.STONE(センターカラー)
・ブラッククローバー
・僕のヒーローアカデミア
・火ノ丸相撲(センターカラー)
・鬼滅の刃
・食戟のソーマ
・ぼくたちは勉強ができない(センターカラー)
・約束のネバーランド
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・斉木楠雄のΨ難
・銀魂
・青春兵器ナンバーワン
・ROBOT×LASERBEAM
・シューダン!
・クロスアカウント
・腹ペコのマリー
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は12番目です。最近のエマのごり押しのせいでしょうか・・・いつもより下がり気味ですね。

ここ5週の掲載順番は『12番、5番、4番、2番、2番(最新号から)』ですので、平均は下がり5番になっています。

まとめ

オジサンのあだ名センスが光る、58話でしたねwww

関わり合いたくないから、他人でいたいから名前を覚えないし教えない。
オジサンの過去が辛い物だったのが読み取れる描写ですね。

エマ達をいい家族と認めているのも、だから嫌いで目障りなのも。オジサンはもう傷つきたくないのでしょうか。

オジサンが武器を携帯していたのであると思ってはいましたが、こんなに大きな武器倉庫だとは思わず・・・鬼の世界で抗って生き抜く過酷さがわかります。

地獄のミネルヴァ探し、どのような道程になるのか・・・

オジサンとの関係も改善するのか、そして、名前は出るが明らかにされていない”密猟者”についても謎が多くなっていますので、次週からの展開も楽しみです。

スポンサーリンク