約束のネバーランド63話ネタバレ考察と感想「HELP(ヘルプ)」(8巻収録)

約束のネバーランド第63話「HELP(ヘルプ)」(2017年11月13日発売の週刊少年ジャンプ50号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第62話「不死身の怪物」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド63話「HELP(ヘルプ)」ネタバレと伏線考察

―オジサンの夢ー

かつていたオジサンの仲間たちに、彼はA08-63の存在を教え、希望に満ちたリーダー、エマのようにみんなを先導して進もうとしていました。

「行こう!俺達全員で、人間の世界に!」

そうして連れ立って行きましたが、仲間たちは鬼の手におち、どんどん命を落としていきました。

『なんで…どうして俺だけが』

一人生きのこったオジサンは必死で走ります。仲間が着ていたチェックのベストを持って。

泣きながら。後悔しながら。

『俺のせいだ』

足元に転がる仲間たちの死骸のただ中に、絶望に立ちすくむオジサンで…

はッ、と目を覚まします。

一人安全な木の上で睡眠をとっていたオジサン。夢見は最悪でしたが体力は温存できているようです。

「行くぞ」

目の下にクマを作り、衣服もドロドロに汚れたレイとエマと合流し、先に進もうとします。

時は3日目の朝になりました。

『眠い。あと二日…』

寝不足でふらふら状態のエマとレイです。夜中に鬼に襲われ、昨日、一昨日と二人ともろくに睡眠をとれていませんでした。

オジサンはいたって元気で。

『好きに眠れ。食事同様見張りは各自で』

オジサンはそう言い残し、夜も個人主義です。

いつどこから襲われるかは、オジサンだって同じ条件なのに。

『やっぱ、只者じゃねぇ』

身のこなし方、危険の察知、鬼への対処、銃の腕などその他にもたくさん、オジサンの経験値は高かった。

そんなオジサンから必ず学び取ってやる、と静かにレイは闘志を燃やします。

そんな中でも、鬼との遭遇は待ったなしで迫ってきます。

何とか鬼から逃げ、お昼ご飯を探すにもろくなものは見つからず…

途中で採るから大丈夫だというエマを押し切り、『何も手に入らなかったらどうするの』とギルダが持たせてくれた食料に助けられ、二人はみんなに感謝しながら食事をとります。

残弾数も25で、使い方のセーブもできている。座標も順調で、少しずつですが二人は鬼からの逃げ方もわかってきていました。

この調子でいけば…。と、学びながらとても順調に進んでいます。

『しぶといねぇ。存外に』

そんなエマとレイの様子を見ながらも助けず進むオジサンも、二人のしぶとさ、学習能力の高さに舌を巻きます。

『ペースも配分も予定通り。確か年齢11~12だろ。その年齢で4日(こっち)のルートついてくるか』

『俺がこの道で戻ってきたのは何歳の時だ。15?いや16か』

思いながら、今朝見た夢の一シーン…仲間のベストを持って必死に逃げる自分を思い出すオジサンです。

ちらり、と視線だけを向けた時…エマもレイも挑むような視線でオジサンを見上げてきます。

『嫌だねぇ。ボロボロだけど目は死んでねぇ』

その希望に満ちた目を見るだけで、胸やけがするとオジサンは吐き気がこみ上げてきました。

今朝見た夢のせいで、余計にムカムカすると。

『もうすぐだ。どこで始末するかはもう決めた。どちらを殺すかも』

オジサンは心の中でもう決めていました。下準備も済ませているし、明日、ゴールディ・ポンドでどちらかを死なそうと。

死なすほうにも目途をつけていました。

ー夜ー

「見て!もうA07-63。A08-63まですぐそこだよ!思ってたより早く着きそう!」

明日の昼までには着けるかな、とペンの座標を見て、無邪気に喜ぶエマです。

レイも一緒に微笑みますが、頭の中では別のことを考えていました。

『疲れた…初日のアレjから昨日今日、オッサンは特に何も仕掛けてきていない』

レイは警戒を強めます。何かするなら明日だろうと。あのオジサンが諦めるわけはないので、何か仕掛けてくるならゴールディ・ポンドでだろうと。

『恐らくオッサンはA08-63に辿り着いたことがある。地図にない二つの道を知っているのは、少なくとも行って帰ってきたことがあるから』

『金の池(ゴールディ・ポンド)いったいどんな場所なんだ。何がある?オッサンは何をしてくるつもりだ』

オジサンのほの暗いたくらみも、レイには御見通しでした。

『策には落ちない。俺が守る。負けてたまるか』

決意も固く、レイはエマに話がある、と明日のオジサンは不穏な動きがあるだろう話をしようとしたところで、晩御飯のトカゲや木の実をとってきたエマに話の腰を折られます。

火をおこし、トカゲを捌き晩御飯の為の休息中。ふと、「みんな無事元気でいるよね」とエマは思い出したように話し始めました。

「は?」

脈絡のないエマの話に不思議に思うレイですが、耳を傾けています。

「今ここに一緒にはいないけど,シェルターのギルダ達も。ハウスのフィル達も」

「旅に出る前に、オジサンに言われたの。その判断は正しいかって」

「言われなくてもわかってる。ふとした瞬間に怖くなるの。これで正しいか、間違ってなかったか」

エマは自分の中の葛藤を吐き出していました。

ゴールディ・ポンドに二人だけで旅に出てよかったのか、一旦でもフィル達を置いてきたことは正しかったのか。

ノーマンを行かせてしまったこと…それも。

「振り返っちゃいけない。前だけを見なくちゃ。私は迷っちゃいけないわかってる。でも怖い。もし選んだ道が間違っていたら…」

『自分の理想や判断が仲間を殺す』その恐怖や苦しさはエマたちは知っている。ですが、それで仲間全員を失ってしまったオジサンは、どんなに怖ろしく辛かっただろうと。

「考えていたの。あの壁の「HELP」の意味。この3日オジサンを観ていて思った」

シェルターの一室…ベッドルームに書き連ねられたあの文字を思い出します。

「レイ、私やっぱりオジサンと話したい。レイの言うこともわかるけど。うん!駆け引きなんてやめよう!」

「えっ!? ちょっ オイ!」

レイの戸惑いも聞かずに、言うだけ言ってエマはすくっと立ち上がり、オジサンの方に向かい声をかけていました。

「オジサン、明日の前に肚割って話そう。私がオジサンを助けてあげる」

「は?」と、エマの言葉に理解できなさげに返すオジサンでしたが、わかり合える、そう信じて突撃するエマで、第63話は終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

オジサンの夢の中で、彼はエマのようにふるまっていました。とても仲間思いのリーダーだったんでしょう。

彼の仲間が亡くなった遺品のチェックベストを大人になっても着用していて。
忘れちゃいけない。自分の為た事を許しちゃいけない。そんな苦しい気持ちの中で生きてきたんでしょうか。

亡くなる時に笑顔だった仲間の男の子(ベストの子)は、きっとオジサンを恨んだりはしていなかっただろうけど、それもいっそう責任を感じてしまい精神を病んでしまった部分もあったのかな、と推測します。

壁に殴り書きされていた「HELP」あの文字は、他の子供ではなくオジサンの心の叫びだったのでしょうね。仲間の名前とともにたくさんかかれていましたし。

密猟者についてはまだ謎だらけですが、オジサンの過去が少しずつ見えてきそうですので、そこら辺も明かされていくのか・・・気になる事ばかりです。

スポンサーリンク

約束のネバーランド63話感想

オジサンの葛藤と対鬼の対策がだいぶ分かってきてよかったなと思った63話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

精神年齢は止まってそうなオジサンですし・・・そう思うのは大人げないけれど仕方ないのかもしれない・・・と感じますね。

作画を褒める声がかなり多かったです。今週は気合いの入り方が違うと。

エマの悩みや迷いが露呈した63話。1人の女の子ですし、そういう一面もとても人間らしくていいなと感じました。オジサンの心を溶かせるかな?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2017年50号の掲載順をご紹介

50号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ブラッククローバー(巻頭カラー)
・Dr.STONE
・ONE PIECE
・鬼滅の刃
・僕のヒーローアカデミア
・約束のネバーランド
・トマトイプーのリコピン
・斉木楠雄のΨ難
・ハイキュー!!
・グーとグー(読み切りセンターカラー)
・ぼくたちは勉強ができない
・ゴーレムハーツ
・ゆらぎ荘の幽奈さん(センターカラー)
・フルドライブ
・ROBOT×LASERBEAM
・青春兵器ナンバーワン(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・銀魂
・食戟のソーマ
・クロスアカウント
・シューダン!
・トマトイプーのリコピン(2話目)

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。
ここ5週の掲載順番は『6番、4番、12番、3番、3番(最新号から)』ですので、平均は上がり5番くらいになっています。

まとめ

前回の残弾数33から、25で収められているのだから凄い学習能力の高さですね。

寝不足でフラフラながらも必死で食らいつくその気迫が絵にも現れていて、見応えがあります。

オジサンの過去が少しだけ、夢という形で見えてきました。今のオジサンは、「判断を間違えてしまったエマの未来の姿」かもしれないとも思えますね。

不穏な事を考えているオジサンの闇を、エマが救う事が出来るのか。次週の展開が気になりすぎて待ち遠しいです。

スポンサーリンク