約束のネバーランド最新話ネタバレ考察と感想!掲載順も

約束のネバーランド第122話「本心」(2019年2月9日発売の週刊少年ジャンプ11号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では約束のネバーランド最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

約束のネバーランド第121話「よかったね」のネタバレ考察や感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

約束のネバーランド122話「本心」ネタバレと伏線考察

ノーマン扮するミネルヴァさんのアジトで、人生初寝坊をしてしまったエマ。

それだけ安心して寝起き出来たのはいつぶりか思い出せず、昨晩のはしゃぎすぎた自分を反省します。

ノーマンとレイ、エマの3人で眠ってしまった所で、ノーマンは一足早く立ち去っており、その時に起きたレイ、じっくり眠ってしまったエマはサックにベッドに運ばれたと言います。

その頃のノーマンは、自室に戻り、いつもの“ボス”の顔に戻っていました。

訪ねてきたヴィンセントは、いつものボスに戻っていてつまらん、と軽口を叩きます。

エマ達と再会した時のノーマンの姿は、ここの住人から見たら青天の霹靂だったようです。

「計画の修正だ」

ヴィンセントに向かって、ノーマンは告げます。

ハヤトからの報告『道中、量産農園に侵入したが警備が強化されていて侵入が露見した』件です。

その際に人間の姿を見られ、鬼達の間でGFの生き残りがいることも明らかになってしまったこともあるからです。

敵より早く手を打ちたいと考えるノーマン。計画を少しはやめようとします。

フィル達のこともあり、早めないといけなくなったのもありで。

「この革命は無血で勝利しなければならない。血は流させない、食用児(なかま)の血はね」

書いていた書類を入れた封筒に、ろうで印を施し、ヴィンセントに渡す。

「この手紙を彼らに。急ぎ例の会談の手配を頼みたい」

「イエスボス。直ちに」

有能な側近といった雰囲気のヴィンセントは、ノーマンの手足となって動き始めました。

ーその頃のエマやレイ達ー

ハヤト達、他の子供達と共に洗濯をして、ちょうど干し終ったところでした。

「ノーマンの策ってどんなだろうな」

空になったカゴを運ぶエマに、レイは何気なく話しかけます。

「?」

「言ってたろ。気にならねぇ?俺は気になる」

問われてエマはうーん、と考え、言葉を続けました。

ノーマンの策だし心配ない、誰一人失わない未来っていっていたし、「きっと心配いらない」と。

「本当に「よかった?」」

「・・・・・・え?」

全てを見透かしたレイの問いに、エマの笑顔が引きつります。

「農園を潰すっていうノーマンの話、エマ、あれ本当は嫌なんじゃね?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「ははは、なんで?嫌なわけないよ」

少し言葉を詰まらせますが、エマは自分を取り繕います。

だって、それは確実で逃げなくて良い方法。
レイも肯定的だった。

だから、それでよいのだとエマも自分を無理矢理納得させた。

「でも、それはお前が望む未来じゃないんだろ?」

彼の言葉に、エマはちょっと高圧的なノーマンを、無邪気に喜ぶ弟妹や仲間達の事を思い出します。

そして。

「うん・・・私おかしいんだ・・・」

抑えていた気持ちをレイに吐露し始めるエマでした。

「ノーマンの気持ちも正しさも、みんなの喜びも全部わかるの。でもね」

「私、鬼を殺したくない」

ずっと、奥歯に物が挟まったような表情をしていたエマのことを、レイは誰よりもわかっていました。

「おかしいよね。みんなこれが幸せなのに。私は鬼の幸せまで願ってる」

「みんな自分のことだけじゃなく、私を想って喜んでくれてたーーーーなのに、私はそんなみんなをより危険に巻き込むような選択(みち)を暗に望んでしまっているんだ」

「嫌になる」

頭を抱え、エマは自分の葛藤が言葉になって、どんどん溢れてきていました。

「食べられたくない・・・絶対に食べさせたくもない。出荷も狩りも嫌なのに、敵なのに」

「私、『鬼と私達何が違うんだろう』って」

鬼達も、自分たち人間と同じだと。

家族が、友達が、友人がいて社会がある。鬼の彼らもただ生きるために食べている。

それが、食糧が『人間』であるというだけ。

「敵だからって根絶やしにしてもいいのかな?どれだけ憎くても、どれだけ怖くても、本当に“絶滅”の他ないのかな・・・」

「それに」

「ムジカは友達なんだよ。私、ムジカの同族を滅ぼしたくない」

優しい隣人。限りなく近しい姿をしているけれど、鬼であるムジカを想うエマの本心がここでわかりました。

「それが本心。なんで昨日言わなかった?」

感情を抑え、ただ淡々と促すレイに、エマは言えないと。

「私は争わない選択(みち)がいい。でも、みんなが望んでいるのは鬼を滅ぼす未来。それに何より」

「“七つの壁”だってダメなんだもん・・・」

「人を食べ続けなきゃあの姿でいられないのなら、“約束”を結び直したって鬼は退化して滅ぶ。結局同じことなんだよ」

「他に選択肢(みち)がほしい・・・でもどこにもないの。どうしようレイ」

「私、どうすればいいかわからない」

答えが見つからず、八方塞がりなエマの本心を聞いたレイの真剣な表情で、122話が終わります。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法

あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで

『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます!

無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます!

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです!

eBookJapanで『約束のネバーランド』全巻を立ち読みする

伏線?ポイントを考察

やはり、納得は出来ていなかったエマです。それに気がついているレイも想定内な感じです。

鬼の下町社会を丁寧に書かれていましたし、エマならそんな気持ちになるのは当たり前ですよね。

そもそもの問題に触れてきたというか、種族が違うだけで違いが分からない、道理だと思います。

きっと、ノーマンもエマの気持ちは判っていると推測。でも。そこには触れない。触れられないでしょうね。

もう象徴になってしまっているし。多分、食用児のことだけ考えればノーマンが正確で正しいいい指導者です。

背負っているものが違うのでまた変わりますよね。

ノーマンがくぐってきた修羅場は、エマ達とはまた別次元の物でしょうから、鬼に対する憎しみしかないのも判るような。

“ボス”としてのノーマンの顔は、ハウスにいた頃よりも厳しく冷徹に見える。

ノーマンはムジカを知らないだろうし。

ムジカは『人間を食べなくてもいい』存在だから、彼女に関しては約束を結び直しても滅びはしないのでしょうが、同じような鬼は他にいるのでしょうか。

『宗教上食べない』他の信者達も自我を保つ方法があるのでしょうかねぇ。

ノーマンの会談相手も気になる所だしここに来て謎が深まりますね。

スポンサーリンク

約束のネバーランド122話感想

予想はしていましたがエマの苦悩が辛い122話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

エマとレイの関係に安心感を覚える感想も多くありました。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2019年11号の掲載順をご紹介

11号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ぼくたちは勉強ができない(巻頭カラー)
・ゆらぎ荘の幽奈さん達と早乙女姉妹!?(コラボ読み切り)
・ゆらぎ荘の幽奈さん(巻頭カラー)
・ハイキュー!!
・ONE PIECE
・呪術廻戦(センターカラー)
・約束のネバーランド
・鬼滅の刃
・Dr.STONE
・ブラッククローバー
・青眼の大和(読み切りセンターカラー)
・僕のヒーローアカデミア
・Jラブコメ祭り(読み切り/矢吹健太朗&伊達恒大&あきやま陽光&志井マサキ&和田眞次)
・思春期ルネサンス!ダビデ君
・アクタージュ
・獄丁ヒグマ
・チェンソーマン
・ne0;lation-ネオレイション-
・食戟のソーマ(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・ジモトがジャパン

作者コメント欄

で、21作品になっています。

『約束のネバーランド』今週の掲載順番は7番目です。

ここ5週の掲載順番は『7番、8番、4番、1番、6番(最新号から)』ですので、平均は一つ下がり5番です。

12巻は2019年1月4日(金)発売になりました。

12巻は98話「始まりの音」から106話「活路」の9話分収録です。

アンドリューの襲撃で危機一髪!大人組が体を張るところまでですね。

もの凄く・・・気になる伏線がありました。おまけ漫画なのですが、本編ではさらっと触れられたのみですね。

必読だと思います。

そして。

最新巻12巻と同時に、ノベライズ第2弾も発売しました。

今回の主役はママとイザベラ、彼女たちの過去にスポットが当たるようです。

約束のネバーランド~ママ達の追想曲~

そちらもあわせてチェックです!

2019年1月10日から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠で放送開始です。

現在6話が徐々に公開し始めましたが、是非見られる方はオンエアチェックですー!

視聴者さんの感想もピックアップ!

公式Twitterでアニメ情報が続々出ています。

詳細気になる方は公式ページをチェックです。

公式Twitterピックアップツイート!

2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ!

モールス信号ですね!読み解けるでしょうか??

『約束のネバーランド』公式Twitterはこちら

まとめ

予想通りの展開になりつつありましたね。エマはやっぱりエマでよかったと思います。

主人公は軸がぶれないのが魅力的。

そんな彼女の本心を判っている上で引きだしてくれるレイはやはり、格好良い・・・!

エマはムジカが『人を食べなくていい』とは知らないので、悩みの答えは見つからないのでしょうかね。

でも、きっとレイがそこら辺気がつくような気がしますが・・・。

鬼の中でも異端者扱いだったソンジュとムジカのことを。

望む答えが見つかるといいのですが。

レイがどのように言葉をかけるのか、とても楽しみな所で終わりましたね。

123話も正座待機です。

スポンサーリンク